雲の中で散歩

世界で一番の Live バンド Yellowcard の応援blogです! This is the Yellowcard fan blog. We love Yellowcard !!!!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

2012年 12月は、マヤ暦によると、一つのサイクルが、また最初に戻る月日なんだそうです!
今年の六月、人生の底に私はいたんですが、ニーチェ先生ならこの状況をどう受け入れたら良いか、教えてくれるはずぅぅ >< と、読みまくりました

読むこと、考えることで、結果、乗り越えることができたというか... 日常に追われる、ということもあったんですけどね
けれど本当、ニーチェの哲学が、私は好きです
これまで生きてきて、疑問に思っていたことを、ピタリと解答してくれました。
特に 「 神 」 について。
ニーチェは、イエスキリストのことを 「 一人の若い、宗教家 ( 良い意味でです。もちろん ) あるいは、思想家である人間 」 と認識していて、というかその通りですよね、
そこがすごく好きだなあ、と感じました。
ニーチェは牧師さんの息子さんなのに、という所も好きです。
キリスト教を批判するつもりは全くありません。 クリスマス、私、大好きですし
イエスキリストは偉大な人だと思っています。


もともと持っていた 「 図解でわかる!」 は、本当、良書だと改めて感じます
是非、この本から読んでみて下さい
とてもわかりやすいです

図解でわかる! ニーチェの考え方 (中経の文庫)図解でわかる! ニーチェの考え方 (中経の文庫)
(2011/01/27)
富増 章成

商品詳細を見る


超訳ニーチェの言葉II超訳ニーチェの言葉II
(2012/08/14)
白取 春彦

商品詳細を見る


↑ の訳、白取先生が書いてくれているのですが
ニーチェは、人生は苦難の連続だけれど、その苦しみをも引き受けて、強く生きよう
と呼びかけてくれています

余談ですが、教育 tv の番組で miwa さんが 「 お釈迦様は人生は苦しみだと仰っている。 そう認識していれば、人生に苦難が訪れた時、ああ、これか、と思えるじゃない。 楽しいものだと思っているから、ガッカリするのよ 」 と話していたのですが
これってでも、言葉足らずですよねぇ...
この考え方だと、人生なんて苦しいだけだ、もういいや、って諦めてしまいそうです。
miwa さん、決してキライではないのですが、どうにもこの方からは、気品を感じられなくて、ファンにはなれないのです。 というのも、何かの番組で、 お食事をする姿を拝見しまして、その食べ方が...
その姿が私はショックでした。 食べ方、気をつけよう、と強く思ったことをはっきりと覚えています。


ニーチェは、仏教の考え方に好感を持っていたということです。
苦しいことは当たり前なんだけど、その上で、強く生きていかなきゃならんのです !!!

ツァラトゥストラはこう言った 上 (岩波文庫 青 639-2)ツァラトゥストラはこう言った 上 (岩波文庫 青 639-2)
(1967/04/16)
ニーチェ

商品詳細を見る


ツァラトゥストラはこう言った 下 (岩波文庫 青639-3)ツァラトゥストラはこう言った 下 (岩波文庫 青639-3)
(1970/05/16)
ニーチェ

商品詳細を見る


この上下巻、内容をたぶん、私は半分も理解できていないと思う><*
けど、読めてしまうんです...!!! 何か、文体が好き、というか、ニーチェの考え方の展開に惹かれる、というか... 兎にも角にも好きな本です !!!
何年もかけて、少しだけでも理解できると良いなあ


まとまりなく書いてしまったのですが、つまりはこの言葉ですよね !!!
「 この本を持ち帰れ 」

関連記事
2012.11.30 23:01 | 本 ・ まんが | トラックバック(-) | コメント(-) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。