雲の中で散歩

世界で一番の Live バンド Yellowcard の応援blogです! This is the Yellowcard fan blog. We love Yellowcard !!!!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

Red 


何かある度に、テイラーの歌声が、私の心を安定させてくれます
テイラーに慰められていますっ

レッド-デラックス・エディションレッド-デラックス・エディション
(2012/10/24)
テイラー・スウィフト、ギャリー・ライトボディ 他

商品詳細を見る



絶対にデラックスエディションをお薦めするんだぜ..!!!

The Moment I Know
Come Back... Be Here
Girl At Home


日本通常盤未収録の、この三曲が本当に、すごく良い曲で...
テイラーらしい、というか、

Red の全曲、もうめちゃくちゃ大好きなんですが
私はやっぱり、テイラー自身が作曲する曲が好きかなあ

曲を作るって、個性が出るんだ、と改めて分かりました

Red

でもほんとに良いアルバム
リードシングルになっている We Are Never Ever Back Together は一見、明るいかな、と感じるんですけど、何処か切なくて。
全曲を通して、切なさが溢れていて、冷たい炎というか... けれど、その冷たさは冷淡という意味では決してなくて、温かくて優しいけれど、切なさと哀しさがある。 あるからこそ、温かいのかもしれません。


State Of Grace  大好き!

Snow Patrol ( 映画 Spider-man3 の主題歌を歌っている、欧米では大人気の band!! ) の
Gary とコラボレーションした

The Last Time


同じく欧米で高い人気を誇る、若きシンガーソングライター Ed Sheeran との曲

Everything Has Changed

めちゃくちゃ良い曲だわぁぁぁ... 涙


テイラー自身が書き下ろしてくれたジャケットの、プロローグも、とても好きです
文章から、テイラーの成熟した人柄
まだ二十代前半なのに達観しているに近い内面が表れていると思いました。

それでも、 Fearless や Speak Now の dvd に収録されている PV 撮影時のインタビューを見ると
テイラー、陽気なアメリカ娘なんだなあ、年相応の女の子でもあるんだなあ、面白いなあ! と感じます
確か、親友のセレーナゴメスちゃんが、相談するのはいつもテイラー! というインタビューを読んだことがあるのですが、何となく分かる!

テイラー、男前だよなあ、と思います
淑やかな外見と美しい仕草のギャップが素敵ですよねえ


来月の来日が、今から楽しみです

関連記事
2012.10.27 10:10 | music diary | トラックバック(-) | コメント(-) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。