雲の中で散歩

世界で一番の Live バンド Yellowcard の応援blogです! This is the Yellowcard fan blog. We love Yellowcard !!!!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

今日の深夜に 放送されていた映画 【 Lord of the Ring 王の帰還 】 を見ていたら、どうしても書きたくなって、この日記を書いています …!




やっぱりエオウィン姫 + メリーが、私は大好きだなあ

「Courage, Merry... Courage.. 」

のシーンが、とても好きです


ガンダルフ + ピピン
ファラミア + ピピン

も、好きだ
メリーピピン最高、ということですね


エオウィンとファラミアはもちろん
サムとロージーも好きです


エオウィン姫は …

ローハンの白き姫君
ローハンの盾持つ乙女
とも呼ばれるのですが、原作では戦の後に
ファラミアと、それはそれは美しく結ばれ
二度と盾を持つことなく、育む手になりましょう、と誓うのです


原作には、はっきりと書いてあるのですが、メリーと一緒に戦場に出た時
エオウィンは死んでしまいたいと思っていました。


それなので
エオウィンにファラミアがいてくれて
というか、この二人は、運命の二人としか表せない、ほかの表現が当てはまらない …!
本当に、本当に良かった。


エオウィンは、優しく美しい心も、身体も、深い傷をおっていて、ボロボロに傷付いていて …

ファラミアも同じくらい、深く、哀しい傷をおってる。


書いてるだけで、ぐっときてしまう。  涙


映画の佳境シーンで
エオウィンとファラミアが、二人揃って、優雅にお辞儀をするんですが
原作での二人を、一瞬で、見事に表していると感じます

ほんの瞬きをする間のシーンだけれど
すごく幸せな気持ちになります!!

原作での二人は、映画よりも若干、若い感じを受けるのですが、でも、二人を演じた役者さん、どちらも合ってる

そして私、 五年前も同じことを書いていました...  エオウィン姫とファラミア

ホビット村のシーンも、ほんとに良いなあ


ある雑誌で読んだのですが、 CG技術は三年で古くなってしまうんだそうです。
そんな中で、映画や音楽を作る方々は、ずっと見続けられる、残っていける作品を作っていくことが求められるんだそう。


レゴラス役のオーリー!
あの頃の初々しさ come back !!

レゴラスとギムリの関係が、 Reborn! 獄寺君と雲雀君に似てるなあ!と思いますっ




関連記事
2012.09.29 20:54 | 映画 | トラックバック(-) | コメント(-) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。