雲の中で散歩

世界で一番の Live バンド Yellowcard の応援blogです! This is the Yellowcard fan blog. We love Yellowcard !!!!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

映画 『 英国王のスピーチ 』 で、吃音と向き合い、闘っている人達の苦悩を知った日本人の方は多いと思います。

けれどその前に私は、アメリカ人アーティスト  スキャットマン ・ ジョン Scatman John 本名 John Paul Larkin さんの大ヒットシングル Scatman ( Ski-Ba-Bop-Ba-Dop-Bop )
を知っていてもらいたくて、紹介します。

You Tube
歌詞


ジョンさんは、苦しんでいる吃音を抱えている人達に希望を届けたくて、真摯に音楽活動に取り組んでいたのに

この曲が日本で大流行した当時、日本のメディアはそのことを全くと言っていい程、汲み取ることはなかった ... そのことを Wikipedia で初めて私は知って、愕然としました。
日本ってこんな国なんだ、と改めてショックだったし、憤りを感じて今、キーボードを叩いています。
Wikipedia にこれまでで一番、感謝しました。

歌詞はたくさんの方が訳してくれているので、色々探してみると良いかと思います
そして 2010年の 3月、原曲への一欠けらの敬意もないサンプリング曲? が発表されていたと知り、更に愕然としたことが憤りの、もう一つ理由です。
日本の方の曲は、私は一度も聴いた事がないのですが、調べていくうち、これは聴かない方が身のためだ、とわかってきました。
礼節や義理人情を重んじるとして世界各国の方々から賞賛されてきた日本人の姿勢は、もはや過去のものでしかないのでしょうかね ...
日本人として悔しいです。


さて、  『 英国王のスピーチ 』 
私の不動の No.1 favorite 俳優、ガイ ピアース Guy Pearce ( ドンと来い! マイナー! ) が出演していることもあり、映画館で観ました
先日 BS で、 ライオネルさんのドキュメンタリーが放送されていたので、、
映画は良かったです。
ただ、ガイの演じたエドワードは、史実では当時のイギリス国民にとても人気があり、愛された王だったということ。
活き活きとキラワレ役を演じているガイがブラヴォー!
『 Bed time story 』 でもすごく楽しそうにキラワレ役を演じています
そういえば Bed time story はガイのミュージカルシーンと真っ赤なフェラーリ、カラフルなキャンディーの雨で、観た甲斐があったなあ、と感じた映画でした

英国王のスピーチ コレクターズ・エディション [Blu-ray]英国王のスピーチ コレクターズ・エディション [Blu-ray]
(2011/09/02)
コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ 他

商品詳細を見る


関連記事
2012.03.31 21:10 | 映画 | トラックバック(-) | コメント(-) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。