FC2ブログ

雲の中で散歩

世界で一番の Live バンド Yellowcard の応援blogです! This is the Yellowcard fan blog. We love Yellowcard !!!!!

Love story







繰り返し
繰り返し 夢を見る

何度でも 繰り返し

わかってる

夢から醒めた時
ボロボロになるのは いつだって自分なんだって

わかってるんだ

きっと報われることはないんだと、恐怖で押しつぶされそうになっても

それでも
探さずにはいられない

求めずにはいられないんだ

今まであがいてきたこと
無駄じゃないって
無駄なんかじゃなかった、と、言ってほしい

ただ
居場所を見つけたいんだ
必要とされたい


( 無駄なんかじゃないよ ・・・ )



はっとして、隼人は眠りから覚めた。
夢の中での、京子の声がまだ耳に残っている。


君でよかった。

君が言ってくれて、よかった
一番、
言ってもらいたかった




ふと顔をあげると、京子の横顔が見える。

「あ、起きた?
獄寺くん♪ 寝てたよ♪」

視線を感じて、彼女はにっこりと笑いかけた。

「っ わりっ
つい寝ちまってたっ」

「ふふ♪
お茶持ってきてあげる♪
キッチンかりるね♪」

「あっ サンキュっ」

すっと、爽やかに京子は立ち上がり、キッチンへと向かった。

まだ少しぼんやりとした瞳で、隼人は彼女の姿に見とれた。



そう、夢じゃない ・・・




「はい♪
お待たせ♪」

カラカラとすずしげな氷の音と共に、京子は隼人の前に麦茶を置いた。

「サンキューなっ」

何故か彼女の瞳を見ることに照れて、隼人は少しあたふたとした。

「うん♪

あ、
この文て、この訳で良いのかな?」

穏やかに京子が尋ねる。

「ん?
おう。 合ってるんじゃん。」

「よかった♪ ありがとう♪」

柔らかく微笑み、彼女は夏休みの宿題を解くことに戻った。

そっと、隼人はその横顔を見つめる。


見つけたんだ
やっと、辿り着いた
此処が、オレの探していた場所




「さて! こんな宿題、今日中に片付けてやる!!」

「♪
獄寺くん、夏休みはまだ始まったばかりだよ~♪」

「いんだって。 早く片付けて、早く遊ぶ!だ!」

ウィンクをしながら、隼人はニカッと笑う。

「ふふ♪ うん♪」


外は、太陽の日差しが、ぎらぎらと照り付けていた。
窓からの風を待っている。
今年からの夏休みは、君との思い出でいっぱいにするんだ。
青空いっぱいに広がる入道雲が、眩しく輝いている。









from Hanabi

追記 ③ と合わせて読んでもらえると、嬉しいです
YUKIちゃんの 「 JOY 」 とオーバーラップしてます。
「 無駄じゃない 」 って、ほんとに言ってもらいたいですね
好きな人に言ってもらえたなら、最高です
隼人に、私の思いを託させてもらいました。


関連記事
2007.07.31 23:22 | L-s | トラックバック(-) | コメント(-) |
| ホーム |