雲の中で散歩

世界で一番の Live バンド Yellowcard の応援blogです! This is the Yellowcard fan blog. We love Yellowcard !!!!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日も YC を聴いて、元気です

帰宅後に庭のプランターの花達に水をあげるんだけど、何となくほっとする。
夏の夕暮れは、特に好きです。
午後七時をまわってもまだ明るくて、カナカナと辺り一面に、虫の鳴き声が響いてるんだ。
夕陽のかすかな残り日を反射して、金色に輝く飛行機が空をわたっていく。


Yellowcard 「 Paper Walls 」 収録、「 Dear Bobbie 」 で涙がとまらないでいると、
続けて 「 You and Me and One Spotlight 」 へ
ダンスするような、ロマンチックなギターに、また涙します。

きれいに韻の踏まれた歌詞と、甘い、甘い、歌声。

甘く、かわいらしいライアンの歌声にいざなわれて、海の中に沈んでいくようなイメージ

Fall in love

A~~↑ A~↓

という、ショーンの ( もしかしてピートもかな ) コーラスも、ほんとにすごくよくて、何か、もう胸がしめつけられます。

サビは力強くて、そのまま、うん、ライアンの声に導かれて、心が解き放たれる。
曲のラストを彩る、ピアノの旋律も大好きです。


この二曲は、特に女の子の夢がつまっている曲だと思う。

本当、夢見てしまう。
( それとも、夢見ていたい・・? )

それから 「 Light Up The Sky 」 も。

もうー ライアンに歌われたら。

Knock out !

心を打ち抜かれっぱなしです

「 Dear Bobbie 」 から 11 、12 、13曲目 「 Paper Walls 」 のつながりが、ほんとに素晴らしいと感じます。

一気に聴かせてくれます。

Yellowcard の魅力の一つだよね。
アルバム全体が、一つの物語になっている。

今日も聴きながら就寝します

明日も、頑張ろうね

関連記事
2007.07.31 22:11 | Yellowcard `07 - `09 | トラックバック(-) | コメント(-) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。