雲の中で散歩

世界で一番の Live バンド Yellowcard の応援blogです! This is the Yellowcard fan blog. We love Yellowcard !!!!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

『 HACHI 約束の犬 』

日本版の 『 ハチ公物語 』 を、私は小学校高学年か中学生くらいの時に tv で観て、以来、もう二度と観ない、と決めました。

ハチが可哀想で可哀想で、もう見ていられない。 あまりにも可哀想でした。
桜の花が舞う中、ハチが上野教授に抱きつくエンドロール、哀しすぎる。

実際のハチは、晩年、穏やかに暮らせたという事実が、本当、ありがたいです。

リメイク版も、観ない、観ない、と思っていたのですが、ワンコが大好きな友人の付き合いで映画館で観ました。

ハチがやっぱり可哀想で ... けど、リメイク版の、ハチは待っていたいんだね、という台詞に救われて
そして、コーヒー屋さんのジェフをはじめ、駅周辺の人達が温かくて、よかったなあ
駅を利用する人達が、 Hi, ハチ、とか、 またね、ハチ、と声を掛けてあげているのも、よかったなあ、と思いました。

待っていたい、、それでもやっぱり哀しいよ
どうしても、教授の家族がちょっとだけ冷たく思えてしまう。

ケンさん、という日本の方 ( ハーフかクウォーターなのか、設定は不明 ) が登場するのですが
ケンさんが、ハチに日本語で話しかけるシーンがとても良かったです。
字幕で観ていて、もちろん突然、日本語が聞こえてくるのですが
すごく優しい、静かでいて温かい話し方で、うるっときてしまいました。
日本語ってこんなに温かだったんだな、と感じたのは、私が日本人だからかな

リメイク版のクレジットに、実際のハチの紹介と写真がちゃんと紹介されていて、嬉しいです

そういえば渋谷駅に行った時、ハチ公前まで辿り着けなかったというエピソードがあります Σ( ̄□ ̄;)
ハチに会いたかった ... いつかきっと !!

関連記事
2012.05.19 01:00 | 映画 | トラックバック(-) | コメント(-) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。