雲の中で散歩

世界で一番の Live バンド Yellowcard の応援blogです! This is the Yellowcard fan blog. We love Yellowcard !!!!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

CP 注意です


アニメディア 2011年 07月号 [雑誌]アニメディア 2011年 07月号 [雑誌]
(2011/06/10)
不明

商品詳細を見る



アスランメイリン、シンルナマリア、キララクス で登場
画像は此処に載せることはできないので
アニメディア 2011年 7月号 アスランメイリン 画像 でグググってみて下さい

アスラン×メイリンを受け入れることができない気持ち、ショックを受けてしまうのも、共感するし、わかります。
けれど公式紹介になった以上は、批判はしないでほしい。

私も、剣心と薫 ( るろうに剣心 ) は今だって受け入れたくないし悲しいけれど、公式なので批判はしません。

どうしたって仕方のないことだし、「 キャラクター 」 の心情を辿れば、そうだよね、というのもあるから。
公式、は作り手の方の意志なのだから、理解をする努力も必要だと思います。

これは熱狂的な、ごく一部の方へ向けてだけれど、自分の思い通りにならなかった、好きになれないから批判をするって、心が成長しない、心が、狭いんじゃない、かな ・・・

2013年 9月追記
色々、ファンの方の blog 等を読んだのですが、アスランは幸せいっぱいになってはだめなんでしょうかね。ずっと苦しみを伴いながらも、カガリを思い続けているのが良いの ...?
そういう意見に出会うたびに、恋の苦しみは本当に気が狂うほど苦しいものだと、体験して言葉にされているのかなと、憤りを覚えます。
所詮、二次元のキャラクターだから、そこまで考える必要がない ...?

アスランが心変わりをしてしまったことが受け入れられない? アスラン、心変わり、してないじゃない。
一途で、誠実な性格のままじゃない。
アスランを許すことができないのなら、今や世界一、有名な魔法使い、ハリーも、そして、クラムに淡い憧れを抱いていたハーマイオニーも許せない?
それぞれの関係性が違う、想いの強さが異なる、なんて意見は、ナンセンスです。

三人とも、純粋な想いを寄せていたことは同じで、そのことがもっとも重要だもの。
失恋の痛みを知っていることは、より良い人間に成長する糧になってくれます。 命にも関わる場合があるから、失恋せずに済むのならそれに越したことはないですけれど
三人は、失恋前よりも心が広く、深くなってるんじゃないかなあ。
そうですよ、恋は命懸けになるんですから、いつまでも苦しい恋を続けてほしいなんて、私は言えません。

アスランもハリーも、ハーマイオニーも、恋愛については三次元の感覚に近いから、受け入れ難い方が多いのでしょうか。
結婚して、双方が健在の場合を別として、現代のこの世界で、長い生涯を、若い時、恋に破れたり、失くしてしまった、たった一人だけを想い続けて、人生を捧げることは稀有なことです。
きっと、想像するよりも大きな痛みと寂しさに苦しまなければならない。
子供の頃は私も、二次元では、ずっと一人の人のみを思い続けてほしいって、願ってた。
けれど、大人になった今では、その考えはただの、押し付けでしかなかったと解りました。

先に政略結婚に臨んだカガリの行動についてはスルーなんですか。 一時の気の迷いだったから、で良いのですか ...

此処は上から目線と思われたとしても、書いておきます。 現実で、しっかり恋愛を体験してみて下さい。


アスランとラクスが私は好きだったけどでも、アスランにメイリンが現れてくれて良かったって、素直に思えるよ。
続きは ↑ を読んで下さって、大丈夫な方のみお進み下さい。



up してから貴重なメッセージを頂きました。
ありがとうございます
( これからもアスランメイリンを一番好きでいて下さると、嬉しいです !! )

監督の Twitter ではアスランとカガリは最初から勘違いの恋だったという Tweet もあったようですし ・・・
ゴシップ誌を別として、私は雑誌という媒体を信頼することに重きをおいています。

本編の物語が完結し、テレビ放送が終了した作品が、広く
一般に向けて ( 放送を見ていなかった人達に向けても ) アピールすることのできる場は唯一、雑誌だと思うからです。

それなので、この記事はこのままにしておきますね





鈴村健一さんを検索していたら、ガンダム SEED Destiny シン役だったと知り
アスラン役の石田彰さんがアスメイ公認だと知り ( 「 夜のサンライズアワード 」 March. 2010 放送 )
アニメディア 2011年 7月号 でアスランとメイリンが公式 として登場したと知り !!!!!!!

よかったあ、とすごく嬉しいです ;)
本当によかった...

SEED シリーズ、すごく夢中になって観ていたというわけではないのですが
それでも、アスラン ・ ザラ ( and イザーク ・ ジュール!) がすきです

アスランとメイリンが一緒だと、もっと好きです ・・・!

アスランファンとして、アスランを幸せにしてくれるのは
アスランが幸せに、穏やかに暮らしていけるのは、メイリンしかいないんだと、素直に感じます


私個人の好意を抜きにして、第三者的に見て、カガリではないのだと思う。

カガリはアスランを傷つけるばかりで ・・・
カガリはアスランよりも国を選んだのだから、選ばざるを得なかったのかもしれないけど、でも、
カガリにとってアスランという人は、言葉は厳しいけれど、その程度の人だったのでしょう。

アスランが可哀想でした。

メイリンがアスランにいてくれて、本当によかった

ほのぼのとした、楽しい日常を想像することができます


メイリンが全てを投げうって、アスランを助けた 36話、大好きです ;)

この回からアスメイ至上主義になったのですが

愛を注ぎ合う二人は、こうでなきゃ


アニメディアのアスメイ
見たかったなあ


アスメイが好きな感じで、私は、ゾロとビビちゃんが大好きなんだなあ

念のため ・・・ ゾロとビビは公式ではなく、船に乗っている時も恋人同士ではなかったので、国に残ることを選んでも、ゾロを傷つけていないんですよね。
政略結婚の席まで臨んだカガリとは、似て非なる点です。


読んで下さって、本当にありがとうございました
Thanks,

p.s
拍手、本当に本当にありがとうございます ( じぃぃぃぃん )
September. 2011


関連記事
2011.08.08 00:00 | 本 ・ まんが | トラックバック(-) | コメント(-) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。