雲の中で散歩

世界で一番の Live バンド Yellowcard の応援blogです! This is the Yellowcard fan blog. We love Yellowcard !!!!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


Yellowcard が世界で一番の Live Band であることは間違いないはず


Yellowcard 2月 17日 + 18日 東京公演 Live Report 3





Live 後半

Rough Landing, Holly

Ready go ( 歌詞カードでは Let Her Go だけど Ready go だよね?? )
の会場全体の大合唱が忘れられない

Way Away の Anyting!  もだけど、ライアンは本当に盛り上げ上手なフロントマンだし
YC guys それぞれみんなが一生懸命に演奏してくれていて
楽しんでくれてるのが伝わってきて、そのことが私達を幸せな気持ちにしてくれるのだと思う

Wライアンがくっついて演奏してる姿は、ほんとに兄弟のようでした!
かっこいい、の一言

Ryan Key と Sean M
Ryan Key と Sean O がくっついて演奏してる姿も兄弟みたい
みんなそれぞれ LP の前に演奏を合わせに行く様子も素敵


Only One

わー!! アコースティックヴァージョンも大好きだけど
フルバンドサウンドがやっぱり大好きだよ ・・・!!

18日 ライアンが、この曲を此処にいるみんな、一人一人に贈るね
とメッセージ ・・・


 アー ↑ アー ↓ アー ↑
楽しかったですね~ 二日目は自然に出来ていてすごい! と感じつつ私も歌いました
( これはでも Ocean Avenue の時だったかも )

Sean O がですね、たぶん最前列の方に視線を投げてくれて
ウィンクをしてうん、てしてくれたんですけど
目が合った方、いいなあ (≧▼≦)  彼はほんとにキュートです


For You, And Your Denial

ショーンのドラマチックなヴァイオリンの生演奏が会場に響いて
歓声に包まれる

この曲に入る前に、新しいアルバムが発売されるよ! 今年中に日本に戻ってくるからね
とライアンが教えてくれました
待っています !!!!!!!


Believe

大大大好き!

18日 Believe の時、 Belive の前半って澄んだメロディーが続くでしょう? そこを歌っている時
Ryan Key が目を閉じて ( 目を伏せて ) 心から幸せそうに
すごく楽しそうに、ギターを弾いて、歌ってくれているように見えて、感動しました

本当にとても幸せそうに見えたのです
目に焼き付けてきました


Lights And Sounds

キャーキャー!
確か LAS の時 Sean M がステージを所狭しと動いてくれたんですけど
目の前に来てくれた時、 キャー!ショーン!と私、夢中で叫んでいましたっ


照明のダウンした舞台に Ryan Key の優しく綺麗なギターが響いて
Empty Apartment

ライアン、体を揺らしながら語りかけるように、けれど朗らかに爽やかに
ギターを弾いてくれていました

情熱のほとばしる Ryan Key のパフォーマンスに、何度でも心を持っていかれます
本当に、この人は音楽をやらなきゃ、とただただ感じます

ライアン、速い曲では特に、すごいめちゃくちゃ全身でギターを弾いてくれますよね!
もうあのめちゃくちゃ加減が ( 演奏は正確 ) 大好きで大好きで!

Live にあまり参加しない私ですが、でも、 Yellowcard は確かに世界で一番の Live band であると思うのです


Light Up The Sky

この曲は本当に Live でより活きる曲だと実感
明るいエネルギーに全てを委ねよう


Ocean Avenue

17日はメンデス君の、あの大大好きなギターソロを聴くことができました
とても感激して今でも耳に残ってる ・・・!!

メンデス君の超絶ギターは、メンデス君の真剣な演奏の意気込みにもあいまって
息を飲んでしまいますよね

そういえば Wライアンはお揃いのギターを使っていましたね
Yellow の Line に縁取られていて
肩紐が背中にくる場所にはあのイエローの YC のロゴが

嬉しかったです


OA で All Up

Ryan M Sean O LP が丁寧にピックやドラムステッキ、ペットボトル等を投げ入れてくれます

Ryan Key が二日間共に、深くお辞儀をしてくれたことが鮮明に記憶に残っている
心からお辞儀をしてくれていました

ステージ最後まで残ってくれているのは、やっぱり Sean M

18日は、私が見たくて仕方のなかった投げキスをしてくれました
やったあ!

はっ 次の来日では Ryan Key の投げキス確認したい ・・・ !!!!!!!




此処まで読んでくださったあなた
本当にどうもありがとうございました ( じーん )
順番があやふやで申し訳ないです
そして私の文章では、もっと言うと言葉では尽くせない程

Yellowcard 、 Yellowcard の Live は素晴らしくて、最高に楽しいです

そう、
味わってしまったら最後、



Yellowcard is the best band in the world !!!!!!!!!





関連記事
2011.03.02 00:28 | YC Live Report | トラックバック(-) | コメント(-) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。