雲の中で散歩

世界で一番の Live バンド Yellowcard の応援blogです! This is the Yellowcard fan blog. We love Yellowcard !!!!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

もしもあの時、こうしていたら
もしもあの時、こうさせてくれていたら。


そんな思いを、誰しもが少なからず抱いているのだと思う。

けれど、そのことを口にしたら傷つく人がいるとわかっていて、
悪怯れもせずに言葉にしてしまう人は、
結局のところ、タイムトラベルができたとしても、やり直せたとしても
夢を叶えることはできないのさ。

きっとそういうものなんだ。

自分が犠牲になってるなんて思うのは、おかしい。
実際に物理的な意味 ( 時間とかお世話をするとか ) も含めて、そうなのだとしても、自分だけが我慢してるなんて思うのは、わがままでしかないんだ。


若輩者が何言ってんだ、と思われるかもしれないけど、
そういう、「もし」という思いと向き合って、葛藤することは、二十代いっぱいまでに、ちゃんと消化しなきゃいけないことなんだと思う。

三十代で、しかも家族がいるのに、言葉にするなんて、大人じゃないよ。かっこわるい。
ましてや遺書まで用意して、仕事に向かう奥さんに言うなんて。


と、昨日の情熱大陸を見て思ったのでした ・・・
とても傷付いている奥さんの表情を見て、同じ女性として書かないでいられなかったわけです。
けれど、基本的に良いご主人なのだと思います。
ご家族にしかわからないことの方が、多いわけだし。
これからも仲の良いご家庭でありますように



相葉くん主演の 『 マイガール 』 の、事務所の社長さんのエピソードを見てもらいたいですね

ドラマの世界で実際には無理だよ、ではなくて、心構えとして、見習わなきゃなあ、と私も感じます。



やりたいことをやり遂げる、そのことだけが全てじゃないんだと、
思いたいんだ。


関連記事
2010.04.26 16:50 | 日記 | トラックバック(-) | コメント(-) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。