雲の中で散歩

世界で一番の Live バンド Yellowcard の応援blogです! This is the Yellowcard fan blog. We love Yellowcard !!!!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
Ryan Key が My space に 9月 14日付けで up してくれた blog を訳してみました


In the final stages of deployment... 展開の最終段階

やあ、みんな。
このブログはうだるように暑いパラダイス、アリゾナのテンペから、君に届くよ。
君達の何人かは僕達の古い友達、 Ryan Mendez を思い出すだろう。
彼はここアリゾナの彼の自宅に、完全なスタジオを整備したんだ。
何でアリゾナなんだろう、て君は尋ねるね。
ライアン(・メンデス) の奥さんがアリゾナ州の建築のスクールを卒業するんだ。

それで、この八ヵ月間以上、ショーンと僕は曲を描くために、僕のアシンスの家とショーンの住んでいるサンディエゴの間を移動してたんだ。

僕達がアリゾナへと向かう準備ができたと思った時、
メンデスはリードギターをぴしゃりと ( 素早く ) 弾いて、そして君達がもう聴いているスウィートなサウンドのデモをプロデュースしたんだ。
( しかしながら、彼はバンドではリードギターを弾かないんだ。
その義務は、以前、バンド Near Miss にいた、ジョシュ ・ ポートマンが授与したんだ )
僕達は曲を描いていて、レコーディンクをしていて、もう一度、すぐにそれらをレコードにすることを希望してる。

僕が意味することはね、
これらは、新しいレコードレーベルでの新しい居場所を、僕達に届けてくれることを望んでいる、デモということなんだ。

この旅で僕達は三曲を録音したんだ。
Monster 、Empty Street 、そして Hang You Up だよ。
Hang You Up は myspace の改作なんだけど、
Mr. メンデスのおかげでサウンドがとてもよくなったよ。
今回の旅は、かなり長い間ここを離れることになる、最後の旅になるように思われるんだ。

僕達は権限のある人達に、彼らがハリウッドで言う限りでは ( Tinseltown = ハリウッド )
これらの曲達は ' ショップ ' に並ぶ用意ができてるって言われてる。

僕達は今週を、これらの三曲のミキシングに費やして、そして次の週には、みんなが聴くことができるように up するね。
だけどその後、僕達が実際にフルの長さのレコードを作るまでは、レコーディンクしないだろう。

それから、ありがとう、て言いたい。
最初の二、三ヵ月間、僕達がすっかり去っている間も着いてきてくれたみんなに、感謝してる。
僕達はここ ( My space ) に来ることはなおさらのこと、
そして、君がすぐに家に持ち帰ることができるアルバムを、本当に作ることを望んでるんだ。

僕達はそれらの新しいデモを出来るだけ早く up するね。
みんなが素晴らしい一週間を過ごしますように。

もう一つ、もし君がカニエウェストのアルバムを持っていたら、君はお金を返してもらうように試すべきだよ。

- Ryan



そして BIG IF's twitter では

This was an amazing trip to AZ at the Mendez' house.
BIG IF would be nothing without them.
Good night BIG Iffers.
- 4:34am Sep 15th

アリゾナのメンデス家の素晴らしい旅だった。
この旅がなかったら、
BIG IF は何もなかっただろう。
おやすみ、みんな


と書いてくれています
メンデス君自身が BIG IF に関わっていることを教えてくれた記事は こちら


p.s. Tempe は日本語ではテンペなのですが、現地ではテンピと発音するそうです。
Ryan Key の文章はやっぱり好きだなあ

I have no doubt that BIG IF will succeed

関連記事
2009.09.19 00:34 | BIG IF | トラックバック(-) | コメント(-) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。