雲の中で散歩

世界で一番の Live バンド Yellowcard の応援blogです! This is the Yellowcard fan blog. We love Yellowcard !!!!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
火曜日夜 10時!ときたら 『 神の雫 』!見てます、見てます

ワインが飲みたくなるなる、実際は葡萄ジュース派だけど!ね

亀梨くんの明るい雰囲気に合ってるよね
そして、
一青さんかなり激しいですっ あの。 感じ好き
と昨日、亀梨くんが日記に書いてくれたように 一青こと田辺誠一さんの演技がすごい!

田辺誠一さんといったら ・・・ そう、
『 紫の薔薇の人 』 ー!!

この声が聞こえるかい
wow wow wow wow wow

B'z の超カッコイイ主題歌 『 calling 』 が超ピッタリだったドラマ 『 ガラスの仮面 』
B'z 松本孝弘さんが原作 『 ガラスの仮面 』 の大ファンだったため、ドラマのために書き下ろしたのだそうです。
この曲がドラマの印象的な場面には必ずかかって、作品自体をより劇的にしたんじゃないかなあ。

主人公マヤと速見さん ( 紫の薔薇の人 ) は、まさに命を懸けてお互いに惹かれ合って、
シーズン 2 の後のスペシャル版では、その恋心を押さえきれない様子が描かれています。
このスペシャル版が良いのです




急に降り始めた雨のため、止むを得ず雨宿りをすることになったマヤと速見さん。
二人は惹かれ合ってるのに、想いを告げられずにいる状態です。
二人のやりとりが切なくて切なくて ・・・
あまりにも切ない。


「 ・・・ 温めて下さい。
私は金の卵かもしれないんでしょ? 」
と、言葉に命を込めて言う、マヤ。

一瞬の躊躇いの後に、

「 いいだろう、おいで。」

と答えて、手を差し出す速水さん。

マヤが手を伸ばし、マヤの手を取ったと同時に、言葉の通り、折れそうなくらい強く抱き締める速水さん。

そして二人は ・・・ そのままです!!
ただそれだけなのです!

もう~ 焦れったいのよ~ん
でもそれがあまりにも切ないので、逆に心に残るというか、響くんですよね。


この場面はホントに、乙女の夢ですね

マヤの好敵手、姫川亜弓役が松本莉緒ちゃんで、とっても合ってたの!
亜弓がマヤのために土下座をするシーンがあって ( 亜弓ちゃん、良いコなのです ) 、
覚えてるなあ。
莉緒ちゃんの品のある演技が、まさに亜弓さんでした


話がそれましたっ

『 神の雫 』 大 push です


関連記事
2009.01.28 20:22 | 日記 | トラックバック(-) | コメント(-) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。