雲の中で散歩

世界で一番の Live バンド Yellowcard の応援blogです! This is the Yellowcard fan blog. We love Yellowcard !!!!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
Hello,

アメリカ合衆国大統領選挙日まで、あと約一週間ですね!
それに伴って、人種問題のことが表面化されてきていますね。

黄色人種である私達も、決して関係のない問題ではないと思うのです。


映画 『 評決の時 』 は、人種問題のまさに 「 問題点 」 を、直球で投げ掛けてくる作品です。
この作品についての否定的なレビューを、まだ私は読んだことがありません。

マシュー ・ マコノヒー演じる主人公の弁護士が、作品のクライマックス、裁判の最終弁論のシーンで、ラストに放つ台詞。
衝撃を受けて、映像と共にはっきりと覚えています。

この言葉がすごく重たくて、ズシリと心に響いて、辛いものがあります。
忘れられない、忘れてはならない台詞だと思います。

投票結果前に是非、観てみて下さい。
ニュースの見方が変わるかもしれません。

関連記事
2008.10.30 00:02 | 映画 | トラックバック(-) | コメント(-) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。