雲の中で散歩

世界で一番の Live バンド Yellowcard の応援blogです! This is the Yellowcard fan blog. We love Yellowcard !!!!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
Hi,

「 Paper Walls 」 発売、祝一周年!

20080718012634


通常版も、結局購入しました
結局買うなら、昨年の今日、買えばよかったのに~ という、一年前の自分の声が聞こえてくるぅぅ

買うんじゃないかなあと、何となくは思ってたんだけど ・・・ やっぱり、ライヴ ・ アコースティック、いつでも聴きたいよね!


「 Paper Walls 」 という、印象的なタイトル、


どんなに愛する人が相手でも、お互いの間には壁があるものだ。

・・・

皆、自分だけの小さな家に座っていて、互いの間に壁を作っているんだ。
それは紙くらいの薄さだが、その壁を焼き払う時が来たんだよ。



と、ライアン(・キィ) が DVD で教えてくれていて、ライアンの想像力、発想力が、本当にすごいなあ、とただただ感じます。

こんな風に考えることができるのが、本当にとてもすごいし、うん、彼の宇宙はひたすらに広い


アルバムタイトルの元になった 「 Paper Walls 」
良い曲だよね
ライアン(・キィ) の低い歌声は特に大好きです

この曲での、女の子達のコーラスの指揮は、ショーンが指揮をしたということです
子供達の指揮をしたんだ と、ショーンがインタビューで話してくれていて、きっとまだ Low - Teen の頃の女の子達なのかな


ライヴ ・ アコースティックを聴いていると、楽しかった、懐かしい記憶に、連れて行ってくれる。
本音を言うと、一年前に時間を戻したい ・・ だけど Yellowcard が戻ってきてくれる日に、この毎日が続いてるんだって思い直すと、わるくないよね

何だか一年前なのに、もっとずっと前だったような感覚がしてる。
何でなんだろう。

けど 「 Paper Walls 」 を初めて手にした時の、手の平に感じた CD の重さや、初めて聴いた時の、衝撃に近い感動を、昨日のことのように覚えているよ。



sweet dreams!

××××××××

関連記事
2008.07.18 01:08 | Yellowcard `07 - `09 | トラックバック(-) | コメント(-) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。