FC2ブログ

雲の中で散歩

世界で一番の Live バンド Yellowcard の応援blogです! This is the Yellowcard fan blog. We love Yellowcard !!!!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
第7話




「京子!」

「ビ、ビアンキさん~!!」
ビアンキに駆け寄り、京子は泣き出しそうになった。

「どうしたの?
今日、隼人と約束してるんじゃないの?」

「!!
ビアンキさんっなぜそのことを!
さすが、お姉さん!
これから、獄寺くんと会う約束なんです ・・!」


ビアンキはお使いの帰り道、京子と偶然に会ったのだった。
二人は公園へと向かいベンチに座った。


「ビアンキさん、、
私、、、
獄寺くんのことが、、
すごく心配で仕方ないんです・・・!!
気が付くと、獄寺くんのことばかり考えてて、一緒にいると、何だか心があったかくなって、
でもっものすごくドキドキして ・・・
もっと一緒にいられたらって、
獄寺くんの役に立てたらって思って ・・。
苦しいんです ――。」
膝に置いた自分の手を、京子は強く握り締めた ・・・

「京子、、、
いい?それは、間違いなく、恋よ。」

ドキッとして、京子は顔をあげた ―――

「ふふ。かわいいわね♪京子。
想いが溢れるばかりで、とまどっているのね ・・・
想いをコントロールできなくて、怖い ――?」

「はっはいっ」

「それが恋なのよ、京子 ・・・
恋って、苦しいものだけど、反対にものすごく大きな喜びもプレゼントしてくれるの。
今はまだ、新しい世界が怖いのかも ・・。
だけど、その新しい世界は京子を待っているのよ。」

京子はまっすぐに、ビアンキの瞳を見た。
ビアンキは、優しいまなざしをしている。

やっぱり隼人に似ていると、京子は感じた。

「ビアンキさん、でも、まだ何も、、何も、私、、
獄寺くんの気持ち、知らないんです ・・・
もし今日、もう約束しないようにしようって言われたら、どうしようって ・・・ 
すごく怖くて ・・・」

「京子 ・・・
知りたい?隼人の気持ち。」

「はい ・・・!!」

「じゃあ、自分で確かめなくちゃ。
会ったら、素直に伝えて ・・・
勇気をだして、一歩、踏み出すのよ。

大丈夫。
隼人は、京子の気持ちを、きっと受け止めてくれる。」

「・・・ はいっ」
頷いた瞬間、堪えていた涙がこぼれ落ちた。














逃げ出すように、ツナは走り去った。
一刻も早く、その場から逃げたかった ―――
・・・


どのくらい時間が経ったのだろう。
まるで、世界から自分一人だけが取り残されたように感じる。
立ち上がる力が湧かない ・・・――。
いつのまにか、辺りは暗くなり始めていた。



ツナ!

・・・
ここにいたの ・・・
聞いてたのね、、
リボーンが教えてくれたわ。――」

どさっと、ビアンキは、ツナの座り込んでいるブランコの、隣のブランコに座った。


「ビ、ビアンキ ・・・っ」

「もうー!!
顔、拭く!!
鼻水、ぐちゃぐちゃっ
ランボみたいになってるわよっ

ぱっと、ビアンキはハンカチを投げてくれた。

「・・・ ぐすっぐすっ ありがとっ
オレ、、
ショックだけど、、、
だけど、、
二人にうまくいってほしいって、何か、そんな風に、本気で感じるんだ ・・・
自分でも、ほんとに不思議なんだけど ・・。」

「・・・」
ビアンキは、黙ってブランコを少し漕いでいる。

二人は沈黙した。



「・・・ 京子に、、
あんたの気持ち、伝えなくて良いの ・・?」

しばらくして、ビアンキが沈黙を破ってくれた。
ゆっくりと夜の帳が降りてきていた。

「オレ、、
うん、、、
両思いなんだもん、二人。
困らせたくないんだ ・・。」

「 ――
ツナ、、
よく、がまんできる想いはそこまでの想いだって、聞くでしょ? 
けど、それは間違ってると思うわ。全てが、そうじゃない。
自分の想いよりも、相手を思いやることができるからこそ、がまんをするのでしょう?
がまんができるって、強い優しさなのよ ・・。
その方が、私は何倍も素敵だって思う。」

「・・ ビアンキ、、」

彼女の優しさが心に染み入る ・・・







「さあ、
帰るわよ、ツナ。
ママンが心配してる。」

「・・・
うん ・・・
ありがと、ビアンキ。」


二人は、家族の待つ家路へと就いた。

夕食の温かい匂いが、通りを包んでいた。








関連記事
2007.06.22 00:51 | L-s | トラックバック(-) | コメント(-) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。