雲の中で散歩

世界で一番の Live バンド Yellowcard の応援blogです! This is the Yellowcard fan blog. We love Yellowcard !!!!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
第3話

想いが走り出す ・・・




「じゃ、
ほんとにうまかったよ、笹川。
サンキューな!」

「うん!
また明日、ね。
約束!」

「極限に歓迎するぞっ!!」

「お、おうっ
あ、明日、な。」

「タコヘッド!!
ほんとに送らなくていいのかっ?」

「あっ、当たり前だろーがっ芝生頭!
何言ってやがるっっ」

「ふふ」



京子の温かい笑顔と、彼女の兄、了平の熱血に見送られて、隼人は笹川家を後にした。

夜風が、少しほてった頬に心地よい。
夜は深まり、月がいっそう輝きを放っている。

「♪」

楽しかったな ・・・

やっぱり、一人じゃない飯はよけいにうまく感じるもんだな。―――

いつも集まる時は、10代目達も一緒で ・・・

じゅっ
10代目っ



!!

そうだっっ

オレとしたことがっっ


( とすっ )

隼人は思わず、道端の木に寄りかかった ―――


何で ・・・
何で、思い出せなかったんだ ―――!!

すっかり、舞い上がってた ・・・

そうだ ・・・

笹川は、10代目の想い人じゃないか ―――――















う ・・・
ね、寝むい ・・・
昨日、ほとんど眠れなかった。

10代目と、笹川と顔が交互にまぶたにうかんで ・・。


隼人は眠い目をこすりながら、心なしかとぼとぼと、10代目こと、沢田綱吉、通称 『 ツナ 』 の家へと向かった ――。




はっ
もう10代目のお宅だっ

ばしっ

隼人は自分の両頬をぶって、気合いを入れた!


よし!!


昨日のことを、すっかり10代目に話そう。
そして、今日の夕食のことも話すんだ。――



あっ あれは10代目の頭!

「じゅっ10代目ーっ」



「ガハハハハッ」

「ランボっ こらっそんなに走るなっ

あっイーピンもフゥ太もっ」

「わーい!」

「×○×~○×♪!!」



へ?

「あっ獄寺くん!おはよ!」

「ハヤト兄!おはよ!♪」

「×○×♪」

イーピンは隼人に挨拶をすると、ランボを追いかけて行った!

「フゥ太っ チビ達を追いかけてて!」

「うん! ハヤト兄、またねー!」

「お、おうっ

朝から、どうしたんスか?10代目?!」

「うん!今日さあっ
母さんとビアンキ、一緒に出掛けることになって、チビ達の面倒を、山本の父さんが引き受けてくれるんだ! 今日、お店、定休日らしくて!

あっじゃあっオレ、チビ達を追いかけるねっ
せっかく来てくれたのにゴメン!!学校で!」

ダッシュして、ツナはフウ太達を追いかけて行った。




隼人は力が抜けて、しばらくツナ達の後ろ姿を見送っていた。――

む、よしっ学校で話すんだっ!



隼人は学校へと歩き始めた。
京子の顔が、また心にうかんでいた。






関連記事
2007.06.21 01:13 | L-s | トラックバック(-) | コメント(-) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。