雲の中で散歩

世界で一番の Live バンド Yellowcard の応援blogです! This is the Yellowcard fan blog. We love Yellowcard !!!!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
タイムマシンタイムマシン
(2002/07/10)
サントラ

商品詳細を見る


映画 「 タイムマシン 」 とてもよい音楽で、サントラも迷わずに購入しました

ドイツ出身の作曲者、 クラウス・バテルド Klaus Badelt の単独クレジットされるデビュー作でもあり出世作でもある作品
記憶に、そして心に残る音楽達です。
オーケストラとピアノの奏でる、美しく優雅な、それでいて力強い調に心を打たれる。

1 Professor Alexander Hartdegen
2 Wish Me Luck
3 Emma
4 The Time Machine
5 Bleeker Street
6 I Don't Belong Here
7 Time Travel
8 Eloi
9 Good Night
10 Stone Language
11 Morlocks Attack
12 Where The Ghosts Are
13 The Master
14 " What If ? "
15 Godspead


1 、2 、3 、4 、5 、6 、7 そして 15 が、特にとても好きです。

何処か悲しさを感じさせる 1 、主人公、アレクサンダーを見事に表していると感じます。
優しく、幸せに満ちた、美しいピアノの音色が大好きな 2
そして、運命の 3 Emma
温かくて、美しい優雅なオーケストラの音色が、エマそのものです。

2 と 3 は特に、何回聴いても、聴く度に必ず、涙します。

悲しみと静かな決意を感じさせる、 4

5 はこの作品の中で一番に好きかもしれない
後半のピアノの音色に、涙が溢れます。

奮い立たせる 6 、7 まるでアレクサンダーと一緒に時空を旅しているような感覚になる。
15 は映画のクレジットの時の曲
せつなく、映画のラストシーンが思い出されます。
とても美しく、そして、強い生命力を感じて、感動します。

メインテーマが TV のドキュメンタリー番組などで、よく BGM で使われていて、耳にする機会が多く、嬉しい気持ちになるのです

関連記事
2008.09.28 00:11 | 映画 | トラックバック(-) | コメント(-) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。