雲の中で散歩

世界で一番の Live バンド Yellowcard の応援blogです! This is the Yellowcard fan blog. We love Yellowcard !!!!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
変えるべきなのは過去じゃない、未来なんだ

そう教えてくれる、実は深いメッセージを持った作品
と、いつだったか 「 ROADSHOW 」 にレビューされていて、思いきり、うんうん、とうなずいたものです。
例え誰に何と言われたとしても、この「 タイムマシン 」 という作品が、私は大好きです。
物語後半の展開は、原作に敬意を払った結果なんじゃないかな。
後半部分は原作を踏襲しているので、原作を読むと納得できるかな、と思います。

ずっと今年の 3月 から書こう、書こうとしてて ・・ 9月 も後半になってしまいました

タイムマシン 特別版タイムマシン 特別版
(2002/12/20)
ガイ・ピアースジェレミー・アイアンズ

商品詳細を見る


監督は原作者 H ・ G ・ ウェルズを曽祖父に持つ、サイモン ・ ウェルズ Simon Wells
撮影風景での、カウボーイ ・ ハットが似合ってます!
大好きな作品 バルト の監督でもあり、嬉しかったです

そして、主演はガイ ・ ピアース Guy Pearce
ユアンもマットも、キアヌも好きな俳優さんだけど、やっぱり favorite はこの人、ガイです。

ガイの瞳の演技は、もう何て表したら良いか、言葉では表せないほど、感情が心に届いてきます。

「 タイムマシン 」 で印象が強いのは、ガイ演じるアレクサンダーが、再会したエマを見つめる時の、全てのシーン。
そして、未来で 「 何故、過去を変えたいの?」 と尋ねられて、無言で答えるシーン。
ここのシーン、ガイだからこそ、まなざしだけの演技で、こんなにも涙してしまうシーンになったんじゃないかな、と思う。
今もちょっとうるっときてます ( 涙 )
アレクサンダーの言葉にできない悲しみが、透き通ったブルーの瞳から伝わってくる。

作品のクライマックス、アレクサンダーの夢が、一瞬だけ現れる時には、涙ボロボロ ( 泣 )
エマ ( 涙 ) この一瞬だけ、音楽も エマのテーマになり更に心を締め付けられる。
どうして、何で ・・・ という想いが繰り返して、アレクサンダーになった気持ちになる。

それから、エマがアレクサンダーに贈った、金の懐中時計には、深い意味が込められているそうです。
DVD 音声特典でエピソードを聞くことができます!
解釈は、当たり前だけど観た人それぞれかなあ
エマの懐中時計が、未来を救ったきっかけになったんじゃないかなって、私は思ってる。

全く同じ場所、同じ時に、過去と未来が交錯する、せつないラストシーンが好きです。
はっきり表現することのできない、せつなさ。

このせつなさを抱えて、生きている。

関連記事
2008.09.28 00:00 | 映画 | トラックバック(-) | コメント(-) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。