雲の中で散歩

世界で一番の Live バンド Yellowcard の応援blogです! This is the Yellowcard fan blog. We love Yellowcard !!!!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

「 忍び舞う者たち 」 の録画を見なければ!

遠近孝一さん出演イベント 2014年 6月8日 in 池袋シネマ ・ ロサ
劇場版 NARUTO  ROAD TO NINJA 上映
( 池袋シネマチ祭 二日目 )

レポート 其の五


◎ 池袋駅東口から、 池袋シネマ ・ ロサ を目指す場合、 ロマンス通りに入って見える
【 映画館 】 と掛かっている看板すぐの入り口は、 朝 10時からしか開かないので ( 親切なおじさんが教えてくれました )
建物を道路沿いに、ぐるっと回ると、チケット販売する、正面入り口があります。


それでは四の続きです

赤丸くんとポスターを手渡しするために、声優さん、みなさん、舞台から降りてきてくれます。

竹内さんが、司会のお姉さんから二つのアイテムを手渡され
舞台上の三人はどうしようか、となっていた様子だったのですが
増川さんが 「 じゃあ、みんなで握手をしに行きましょう 」 と言ってくれました




一番手前の増川さんが、まず舞台から。
竹内さんからポスターを手渡された遠近さんが続いて
赤丸くんを連れた竹内さん。

勝ち残った方、ほんとに、いーなー!!
本当、幸せな時間でした。
あっという間で、まだおわってほしくない、という思いでいっぱいになります。

声優さん、それぞれの感謝の挨拶があって、本日のイベント終了


遠近さんは
「 ネジは忘れないでいてくれる限り、みんなの、僕の心の中に生きている
僕自身も、みなさんが忘れないでくれる限り、頑張ります 」


と、真摯に挨拶をしてくれました。

忘れるなんて、そんなこと絶対にないですよね ( 泣 )

遠近さん、あんなに明るくて、良い意味での自信のある雰囲気を纏っているのに
謙虚な方なのかなあ、と感じました。


ちょっと前後しちゃってるのですが

竹内さん、増川さんに
「 ネジは SD ロックリーで生きていますから! 別の世界ですから!」
と、遠近さんが、からかわれる、というか、そういう時。

「 だね。 あっちはちっちゃいから演りやすいんだよね 」
と、笑顔で応えてくれました


それから、私の大、大好きな


八卦、二掌 … 四掌 … 八掌、 十六掌、 三十二掌 … 六十四掌
ひゃくにじゅうはっしょおぉぉーー!!



128 掌は、 NARUTO マニアの増川さんに、ほぼ、ほぼ、押されて
遠近さん、言って下さいました

かっこいい !!!!!!!!!  もう~ 胸がいっぱいです ( 涙 )
耳に届いた途端、感激して、うるっときてしまいました

アニメでの、あの、ネジの六十四掌のシーン、大好きなんです
構図や見せ方、色使い、全てが、かっこいい

そこに、遠近さんの声 ( 生命 ) が、ネジに吹き込まれて …

アニメーションになった素晴らしい魅力のうちのひとつだなあ、と感じます
増川さんは、ナルティメットをプレイしているそうです


大切なこと!

おつかれネジネジ~

は、片手を、ハワイ島でのアロハのような形にして、腕を上げ、揺らすポーズになっています
司会のお姉さん達が、会場を盛り上げるために考案してくれた
「 ナルナル~ 」

を見た遠近さんが、自然に ネジネジ~ とアレンジしてくれました

ほんとに、本当に楽しかった!
声優さん三人がいよいよ映画館内を後にする時
向かって右側のドアに向かう、本当にギリギリの客席に座っている方まで
ハイタッチをしてくれる遠近さん に、ほんとに最後まで感激しました

遠近さん、竹内さん、増川さん、司会のお姉さんお二人、スタッフのみなさん
ありがとうございました

6月 5日か、 6日くらいに、私はこのイベントを知り、急遽、出掛けることを決めました。

遠近さんの blog  連動イベント

遠近さんの舞台挨拶、この先はいつになるのか、千載一遇のチャンスかもしれないと思ったのです

遠近さん、乙女ゲームなどの作品には、今現在は、出演されていないようなので …
この日を逃してしまったら、もう、生では見られないかもしれない、と。

始発に乗って、 9時くらいに映画館到着。
しかし入口がわからない!
池袋シネマ ・ ロサ の hp の案内にあった 【 入口 】 はあったのですが、立ち入り禁止になっていて
15分くらい、うろうろしていると、親切なおじさんが教えてくれ、正面入口が分かりました。

「 Rord to Ninja 」 おもしろかったです。
本当の、クシナとミナトのシーンで涙 ...
私の隣に座っていた、同世代くらいのお姉さんは、本編通して涙しておられた様子でした。
水の上を走るシーンは、これぞ忍者! という演出で、海外で人気が高いことが頷けます。


ここまで読んで下さった方 ありがとうございました。
おつかれネジネジ~


遠近さんが、これからもっともっと、舞台挨拶に来てくれますように


願いを込めて


びやくがん


Thanks ,
( 雛希 ) 花火
普段は 此処 で日記を書いています
June 2014

p.s
遠近さんの up してくれた blog の写真に、私の書いたメッセージが見える ( 感涙 )




関連記事
2012.06.13 00:00 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(-) |

トラックバックURL↓
http://starrysky22.blog107.fc2.com/tb.php/265-4246a503

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。