FC2ブログ

雲の中で散歩

世界で一番の Live バンド Yellowcard の応援blogです! This is the Yellowcard fan blog. We love Yellowcard !!!!!

Hi!
今日は快く晴れて、青空が広がったね。
今日、Yellowcard は無事に帰国の途に着いたね。
晴れて、本当によかった。
ありがとう、YCのみんな!!

O-East のセットリスト、EMI HP で確認してみました ( ありがとうございます )

The Takedown
Fightting
Rough Landing, Holly
Down On My Head
BREATHING
EMPTY APATMENT
Shrink The World
Keeper
Light Up The Sky
Afraid
ONLY ONE
Shadows and Regrets
BACK HOME
WAY AWAY
Lights And Sounds
アンコール
Five Becomes Four
BELIEVE
OCEAN AVENUE


1時間近く、ステージから 5、6列付近の右寄りの場所で、ひたすら開演を待っていました。
ステージは想像していたよりも近くて、何だかちょっと、時々泣きそうになりながら、とにかく待つ。

いよいよ 6時、オープニング・アクトの JUST SURRENDER が熱く登場

約30分のハイテンションのステージ!!
盛り上がりました!
曲はメロディアスというより Shout 系だったかな。
これからも頑張ってほしいですね

スタッフの方によってセットが YC バージョンに。
ほどなく、ついに YC の登場!!




Hi! Tokyo!

と、ライアン(・キィ) の元気いっぱいな声と共に、みんなナチュラルにステージに

客席も、さらに熱い。

ライアン(・キィ) は黒のシャツにストライプのネクタイ
ショーンはボーダーの長袖 T シャツに、紺の T シャツを重ね着
ライアン(・メンデス) は黒のシャツ
LP は今回も上半身ハダカ!

今回、LP の姿を確認できる位置だったので、嬉しかったです。
LP 、ドラム ・ セットの位置に座ると、思っていたよりも背が大きかったんだね、髪型も存在感抜群です!
サポート ・ ベーシストの Joshua はニット cap を被ってました

The Takedown で、エネルギーいっぱいのステージへ!
いよいよ始まる

ライアン(・キィ) 、ショーン、ライアン(・メンデス) 、三人共にお肌がぴかぴか 
すごいきれい~
三人、本当の兄弟のようでした。
( LP はステージの位置的に父さんかな! )

ステージの間中、ちょっとした表情やしぐさから、お互いを気遣って、尊敬し合ってるのが伝わってくる。

特に、ショーンは一番上のお兄ちゃん、という感じで、ライアン(・キィ) のギター部分が、びしっときまったのを確かめて、「うん」という感じに、さりげなく微笑みを向けてから、ヴァイオリンの演奏に集中してくれていました。
何の曲だったのか覚えていないのだけど、その姿に涙が落ちそうになって、今も胸がキュウっとなります。

ライアン(・キィ) も、ショーンのヴァイオリンソロの時、両手を広げて称えていて、見守る姿にじーんときました。

ライアン(・メンデス) は、演奏中ポーカーフェイスなんだけど、優しい人柄が雰囲気に表れてるよね。
優しさが滲みでている。
ステージの端、客席ギリギリまで、たくさん来てくれました
かっこいい!!

ほんとによく、三人は一緒にエキサイティングしていて、ほんわかして、嬉しいですね

ここまで読んでくれて、ありがとう!
続きます


関連記事
2007.12.05 22:51 | YC Live Report | トラックバック(-) | コメント(-) |
| ホーム |