雲の中で散歩

世界で一番の Live バンド Yellowcard の応援blogです! This is the Yellowcard fan blog. We love Yellowcard !!!!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

新年、明けましておめでとうございます

◎ Ryan Key ' s twitter
ロシアにて  photo
2013年 1月 7日 posted

ライアン、とても素敵ですね
きっと、今の彼女さんが、すごく素敵な方なんだろうなあって思いました



「 雲の中で散歩 」 は、この記事をもって無期限更新停止に致します。

どんな記事にも、拍手を押して下さっていた方
本当に、本当に、
ありがとうございました
あなた様の一押しに、どんなに励まされていたことか... 本当に、ありがとうございました

遊びに来て下さっている、みなさん
ありがとうございました

とてもお世話になっている YellowcardJPN さん
本当に、本当に、ありがとうございます
心の底から感謝をしています。 言葉では表せません。

コメントを下った、お一人、お一人に
改めて、ありがとうございました !!!!!


更新停止は、昨年からずっと考えていて、迷っていました。
Ryan Key の twitter もインタビューも追えなくなってしまったことが、更新停止の理由です。
大好きすぎて困ったものです。


この blog を始めたきっかけは、約五年前、私が mixi で書いていた日記を、 mixi を退会するので完全に消してしまうのはもったいないなあ、と思い、スタートしました
mixi は親友から紹介され始めたのですが、ネット上ではない、その紹介してくれた親友との仲が
mixi のために危うくなりかけたので、二ヶ月くらいで退会しました^^*
私には合っていなかったのでしょうね

話がそれましたっ
「 雲の中で散歩 」 がスタートしてすぐに、映画 Spider-man 2 のサウンドトラックに収録されている
Yellowcard の Gift And Curses に惹かれ
アルバム 「 Lights And Sounds 」 に心を打ち抜かれ
急いで購入した 「 Ocean Avenue 」 で完璧に YC に落ちました

ファンになってすぐに発売された 「 Paper Walls 」 で、ますます Yellowcard と Ryan Key の虜になりました
Ryan Key は本当、罪作りな人ですよね

Yellowcard に出会った時、私は失恋直後で、毎朝起きると、泣きたくないのに泣いてしまっていたのですが
Ryan Key の詩に触れて、こんな男の人が、本当にいるんだ、と感じたことを、はっきりと覚えています
ふー、今、この文章を書いていて、ちょっと泣いてしまったぜ
衝撃だったんです。


Yellowcard は、生涯、大好きだと確信しています
揃えたアルバム達は、一生、持ち続けるだろうし、新作は必ず、購入します
Live にも出掛けよう
この五年間、色んなことがあったなあ
更新を続けること、楽しかったです


Team Yellowcard は 2013年も大活躍の予感ですね

これからの日々、人生、 Team Yellowcard 、 メンバー、一人、一人、スタッフのみなさん
前ベーシストの Sean O ` Donnell にも、たくさん素敵な、幸せな出来事が待っていますね

それなので、先に書いておきます

おめでとうございます !!!!! Congratulations !!!!!!!!!


哀しい事があることは避けられないことだけれど、でも、
どうか、最低限の回数で済みますように... 幸せの溢れる人生が続きますように...


ここまで読んで下さった方、ありがとうございました
あなた様の明日に、人生に、たくさんの幸運が舞い降りることを願っています
幸せを願っています


ありがとうございました !!!!!!!!!


Thanks so much ;)
I really appreciate your coming to here.
I wish you happy.
Thanks, again.

I love Yellowcard so much =)


花火
2013年 1月 10日 pm 1 : 59

20130110.jpg
スポンサーサイト
2013.01.10 13:59 | Yellowcard `12 | トラックバック(-) | コメント(-) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。