雲の中で散歩

世界で一番の Live バンド Yellowcard の応援blogです! This is the Yellowcard fan blog. We love Yellowcard !!!!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ほう... 今日はキスの日、ということ

Yellowcard Always Summer !!!!!!! 聴きましたか~?? 聴きましたよお


Sean O ' s twitter

Finally got a chance to listen to the new Yellowcard track.
The dudes killed it.
Stoked for the new record. Listen Absolutepunk.net


ついに Yellowcard の新しい曲を聴くチャンスだね
彼らはやってくれた。 新しいアルバムにワクワクしてる。 聴いてね

- 2012年 5月 22日 posted

うっ ( 泣 ) Sean O ...!! We miss you !!!
WYTT, SY の時は当たり前だけど、 Sean O がいてくれたんだなあ、、と考えて
改めて寂しいです


◎ Sean M ' s twitter

Its always summer in my heart and in my soul!!!! AlwaysSummer LOVE

-2012年 5月 21日 posted

◎ Josh ' s twitter

In my heart and in my soul. AlwaysSummer

-2012年 5月 21日 posted


Sean M が 本国の i-Tunes で top 8 に上昇! と tweet してくれましたね

Always Summer 本当に良い曲ですねえ...
アルバム OA の雰囲気を感じました
ショーンのヴァイオリン、最高!! 天才!!! いえ、もう何もかも最高!!!

海外のファンの方より、ブリッジの歌詞は

I loved you first, I love you still, I always will.
- written by Ryan Key


のようです

これはもう、、 胸がギュウっとなる...
さすが Ryan Key です !!!!!!! こんなこと言われてごらんなさぁ~い ←← ???
一瞬で落ちますとも !!!!!!!

Yellowcard はいつも、青春時代のヒリヒリさや、その時代を思い出す時の切なさを、かっこよく爽やかに ( ここ大事 !! ) 歌ってくれて
それはやっぱり、 YC guys が成熟した大人であるからだと感じます

YC に出会う以前、大人になることに対して、私はどちらかといえば負の感情が強くて ... 今、振り返ると怖ろしいです ><
YC に出会うことができて
Ryan Key の描く歌詞の世界に触れることができて
より良い大人にならなくちゃいけないんだ、と、はっとさせられました。

より良い大人を目指そう
そうしたら、だからこそ、過去の優しさや懐かしさが、爽やかに輝く


◎ Ryan Key ' s twitter
ライアンの US サッカーについての interview 


Thanks so much.
Good night,
sweet dreams,

スポンサーサイト
2012.05.23 22:20 | Yellowcard `12 | トラックバック(-) | コメント(-) |

◎ Yellowcard ' s twitter

Yellowcard の New アルバムからの先行シングル Always Summer が
AbsolutePunk.net  にて現地時間 5月 21日に公開されるということ

5月 22日には i-Tunes と Amazon で get することができます

Amazon は Yellowcard Always Summer で検索で Hit します !!!!!!!

ジャケットが YC らしいというか ... 今からドキドキしてしまいますね
pod を未だに私は買えていなくて ( 泣 ) アルバム発売まで待とうと思います ;)


今朝、私も金環日食を見ることができました
指輪状になった時は、本当、 wow, という感じでした^^

宇宙はあまりにも広大で、僕らはほんのチッポケ、それでもそのチッポケの感じる悲しみや苦しみはとても痛くて、ないことにはできない ... けれど、歓びも確かに感じられるということ。
スミマセン! 眠くて頭が働いていない ><


Thanks so much !!!!!!!
Hoping you have a fantastic week with Yellowcard ' s music.
sweet dreams.....

Yougure.jpg

2012.05.21 22:28 | Yellowcard `12 | トラックバック(-) | コメント(-) |

◎ Yellowcard ' s twitter

Yellowcard の 新曲が 5月 22日に発表予定 ということですね

曲名は 「 Always Summer 」 ??


今日から YC 来日公演のチケット一般発売がスタート

拍手、本当に本当にありがとうございます ( 涙 ) ( 涙 )
そのひと押しに、とても励まされて、 PC に向かおう、という気持ちになります
ありがとうございます !!!!!!!
読んで下さっているみなさん、ありがとうございます !!!!!!!

bs で米国リメイク版 ハチ公物語が放送されていて、思わず観てしまったらこんな時間に
ハチが絶対に可哀想なので、観ない、観ないぞ ... と思っていたのですが、映画館で観てしまいました ...
感想を書いてから寝よう


ハチの飼い主になる、パーカー教授は音楽 ( と演劇? ) を教えているのですが、生徒に向けた台詞があって
( ジョン ・ F ・ スーザ という、録音を拒否し続けた実在の作曲家を例えに出して )

『 今の音楽をどう思う?
舞台に出て、アンプを CD プレイヤーに繋げて。

音楽は捉えきれないものがある。 人の心や人生のように。
創作の瞬間は、はかない


↑ 今日、観た字幕版の台詞です。 吹き替えだと確か

全く同じじゃないから、音楽は、演奏する、その時々によって、違う表情を見せてくれるものなのだから


というような台詞でした。 うろ覚えでスミマセン ><

この台詞は監督の代弁なのかなあ
でも本当、、 この台詞を聞いてから、たまに日本の音楽番組を観ると考えてしまいます ...


flower_May.jpg

blue rose も可能になったけれど、青い ( 紫がかった青、かな ) カーネーションも可能になったと、今年、初めて知って、驚きました!  日曜日は Happy Mother ' s day でしたね


Thanks so much,
Hope you have a nice weekend ;)

2012.05.19 02:28 | Yellowcard `12 | トラックバック(-) | コメント(-) |

『 HACHI 約束の犬 』

日本版の 『 ハチ公物語 』 を、私は小学校高学年か中学生くらいの時に tv で観て、以来、もう二度と観ない、と決めました。

ハチが可哀想で可哀想で、もう見ていられない。 あまりにも可哀想でした。
桜の花が舞う中、ハチが上野教授に抱きつくエンドロール、哀しすぎる。

実際のハチは、晩年、穏やかに暮らせたという事実が、本当、ありがたいです。

リメイク版も、観ない、観ない、と思っていたのですが、ワンコが大好きな友人の付き合いで映画館で観ました。

ハチがやっぱり可哀想で ... けど、リメイク版の、ハチは待っていたいんだね、という台詞に救われて
そして、コーヒー屋さんのジェフをはじめ、駅周辺の人達が温かくて、よかったなあ
駅を利用する人達が、 Hi, ハチ、とか、 またね、ハチ、と声を掛けてあげているのも、よかったなあ、と思いました。

待っていたい、、それでもやっぱり哀しいよ
どうしても、教授の家族がちょっとだけ冷たく思えてしまう。

ケンさん、という日本の方 ( ハーフかクウォーターなのか、設定は不明 ) が登場するのですが
ケンさんが、ハチに日本語で話しかけるシーンがとても良かったです。
字幕で観ていて、もちろん突然、日本語が聞こえてくるのですが
すごく優しい、静かでいて温かい話し方で、うるっときてしまいました。
日本語ってこんなに温かだったんだな、と感じたのは、私が日本人だからかな

リメイク版のクレジットに、実際のハチの紹介と写真がちゃんと紹介されていて、嬉しいです

そういえば渋谷駅に行った時、ハチ公前まで辿り着けなかったというエピソードがあります Σ( ̄□ ̄;)
ハチに会いたかった ... いつかきっと !!

2012.05.19 01:00 | 映画 | トラックバック(-) | コメント(-) |


sweetpine.jpg

My sweet Pine
Gokuri の Pineapple !!  二年 振り !!
見つけた瞬間に買うことを決めました、昨年、見掛けなかったので嬉しいです!


今日はアイスクリームの日

もう五月、更新できず申し訳ないです ><
拍手、本当に本当に、ありがとうございます !!!!!!!!! 涙


◎ Sean O ' s twitter

Happy birthday to the man who put the bomp in the bomp sha bomp, Sean Mackin.
Miss you buddy.


the bomp in the bomp sha bomp ( スラング? ) を加えた男、ショーン、お誕生日おめでとう
君に会いたいよ


◎ Sean M のお返事は twitter

( Sean O へ >> ) hello, hello, hello. hello.


- 2012年 4月 30日 posted


一週間以上経ってしまったのですが、これも絶対にメモしておこうと決めていました

ほんわか、うるっとしてしまいます

Sean O とジョシュさんは頻繁に twitter でおしゃべりをしていますね


◎ Yellowcard の新アルバムはあともう少しで完成
Yellowcard ' s twitter  →  demo-CD


◎ Ryan Key ' s twitter

Wライアンは スウェーデン出身の band LIKE TORCHES twitter の新作をプロデュースをするため、丸一ヶ月、一緒にお仕事すると tweet

真剣

メンデス君は本当、音楽職人、という感じですよね

Ryan Key に Ryan Mendez がいてくれて、本当、良かったな、といつも感じるのです ... 理由は何でかな、、^^
それから

May the 4th be with you all.

- 2012年 5月 4日 posted


こ、これ... 笑って良いの、、笑って良いのか (≧▼≦)
案外、ダジャレ好き?? ^^


ライアンの Happy Mother ' s day interview Alternative Press

ライアンのお母さん、シンシアさん、 southern lady ( アメリカ南部出身の淑女 ) ということ
アメリカの方は特に、南部の女性に敬意や親しみを表すように思うのだけど... 私だけかな??

このインタビューをざっと読んで驚いたことは
ライアンが子供の頃、役者のオーディションを受けていたということです。
シンシアさんは、いわゆるステージママではなく、とても cool でいてくれたということ。

ライアン、 show business の世界から何か、距離を置きたがる人ですよね

私の中で、ライアンはすごく子供の頃、伸び伸び育ったイメージが強くて、実際、伸び伸び育ったのだと感じますし、何ていうんだろう、そういう世界から子供の頃は無縁のイメージだったんです。

Life Of Leaving Home が真っ先にうかびました

the day that i found my voice i knew that i had no choice
written by Ryan Key

音楽がきっと、 Ryan Key を選んだのでしょう


( 本来は比べるべきじゃないけど ) 「 映画は二時間かけて人の心を動かすけれど、音楽は一瞬で、ワンメロディーだけでも人の心を動かすことが出来る 」
↑ は fumiya fujii さんの言葉なのですが、私もそう思うのです


◎ YC Japan tour の先行チケット受付、是非、チェックを




2012.05.09 21:18 | Yellowcard `12 | トラックバック(-) | コメント(-) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。