雲の中で散歩

世界で一番の Live バンド Yellowcard の応援blogです! This is the Yellowcard fan blog. We love Yellowcard !!!!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
やあ 今日は一日、頬がゆるみっぱなしの花火です

今日は Yellowcard さいたまスーパーアリーナ ( サポートアクト ) 公演から二周年記念日

楽しかったなあって思い出して、
本当にかっこよかった!


二年間、早かったです。
昨日の事のように思い出すことができるのにね


あとちょうど一ヶ月で Xmas eve だね

スポンサーサイト
2009.11.24 22:01 | Yellowcard `07 - `09 | トラックバック(-) | コメント(-) |
こんばんは

Ryan Key がソングライティングを手伝った ( 詳細は こちら )
Every Avenue のインタビューを CROSSBEAT 1月号 で見付けました!
112ページ 113ページをチェックです

ライアンが手伝った曲 Girl Like That がちょっとピックアップされていて嬉しかった
ライアンの名前を見付けて、嬉しかったです


今日は映画 『 2012 』 を観てきました
おもしろかったあ!
Ryan Mendez 君も Twitter でよかった! と感想を


街はすっかり Xmas カラーでした
今週も前向きに行こう

2009.11.22 22:21 | Yellowcard `07 - `09 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今週の日曜日!( 七五三!)
大好き SM2 の winter fair に出掛けてきました 

2009sm2winter.jpg

Xmas 限定のペイパーバックを頂いて ( とても Lovely! ありがとうございます )
日曜日はニットとブラックのプリーツミニスカートを購入して、そして、どうしてもどうしても気になったブーツ。
日曜日から考えていて、今日やっぱり買ってきました
色々思い当たるお店を見て来たんだけど、
SM2 のブーツが私は一番好みなんだと改めて実感。
買ってしまったぜ

2009sandwich.jpg

日曜日の Lunch

2009.11.18 23:27 | 洋服 ・ 雑貨 | トラックバック(-) | コメント(-) |
こんばんは いつも、本当にどうもありがとうございます
今日は寒い一日、すっかり冬だね

Ryan Key  の Twitter から 11月 17日付け up

- 答えをみんなへ。 
うん、今 LP はアダム ・ ランバートにドラムをプレイしてるんだ。



アダム ・ ランバート Adam Lambert はアメリカンアイドル シーズン 8 の準優勝者で
11月 23日にデビューアルバムが発売され、その 1st シングルは映画 『 2012 』 のサウンド ・ トラックに使用されているということです。
ランバートくんはソロの歌手なので、 LP はアルバム、もしくはツアーに参加なのかなあ


教えてくれて、本当にどうもありがとう、ライアン

「 Lights And Sounds 」 の DVD の中で、ライアン(・キィ) と LP が控え室のような所で二人で演奏の練習をしている場面を、何故か思い出したんだ。
その後、ライアンは廊下をカメラに向かって話しながら歩いていて、いや、まあ、ね、その話し方と歩き方が可愛いのです

それからショーンとライアン(・メンデス) が PV 撮影の合間に LP と楽しそうに雑談している姿とか思い出したなあ。


自分の中でも矛盾してるって思うことがあって、、それは ・・・
ライアンが何を話してくれているのか英語なので全然わからないのに、彼の話し方が大大好きです

2009.11.18 23:21 | Yellowcard `07 - `09 | トラックバック(-) | コメント(-) |
愛と恋の違いは何? という質問をよく聞くけれど、
それ程私はこだわらなくて良いんじゃないかなと感じます

恋に落ちる、は英語では fall in love で
この質問は日本人の感性の独特のものなのでしょうね
日本人があまり使わない、というか、特別な意味を持っていて、決心しないと使えないよね、
愛している、という言葉は、うん。
この感覚は日本の誇りだと思います。

恋は愛と比べると劣っているような感覚を一瞬受けるけれど、
でも 『 恋 』 という感情がないと! と思うんだ
唯一、恋が愛に昇華する、という表現は好きだけれど。

とそんなことを考えてしまう、
JUDY AND MARY 『 LOVER SOUL 』 アルバム POP LIFE 収録

この曲を聴いていると思う、恋と愛の机上の定義なんてナンセンス、
感覚が全てなんじゃないかな

愛してる、としか表しようのない瞬間がきっとあるよ
その一言は、何て甘美な響き


『 LOVER SOUL 』 曲の最初から最後まで大、大、大好き

始まりを告げるキーンが好きだ
YUKI ちゃんの Uー を情感を込めて一緒に歌ってしまうわ

曲のフィニッシュ、高音低音で歌う YUKI ちゃんの歌声、そしてギターもとても好きだ


JAM はこれからもいつでも私の日常に在るんだろうなあ

YUKI ちゃんの新曲 『 COSMIC BOX 』 11月 18日発売

2009.11.14 00:04 | YUKI ちゃん | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日は 11月 13日
くもりの一日、少し雨も降って、木々の葉もいっそう色を染めるでしょう

今日は Yellowcard の Latest Live の祝一周年! acoustic show
ささやかにお祝い

そして丁度一ヵ月後 2008年 12月 13日が Big If の My space 登録日です

何だか一年、早かったなあ。
少なくとも昨年の今日は、希望の一日でした
そのことは変わらない事実、
ルイジアナ州に飛んで行くことはできなくて、 PC の前でスタンバイすることしかできなかった私でも、楽しい一日でした


オレンジマフィン

20091113171505.jpg

Love,

2009.11.13 21:17 | Yellowcard `07 - `09 | トラックバック(-) | コメント(-) |
こんばんは
7日付けで Ryan Key が Big If の blog を更新してくれましたね


やあ、男の子達、女の子達。
Every Avenue の新しいアルバムが今日発売されて、そして iTunes でも入手できるよ。
( アルバム名は Picture Perfect )
Girl Like That という曲を僕は彼らと描いたんだ。
きっと僕のポップ崇拝がわかるとおもうよ。 楽しんで

- Ryan


Thanks, Ryan
Hey guys and gals. という挨拶が何かおもしろいです


それから Sean の twitter から

City Lights Bookstore 僕のお気に入りの場所の一つで、 BIG IF という名前が生まれた場所なんだ。
10月 19日


そっかあ ショーン ( ・ オドネル ) もとても知的な人に思います


Big If ファイっ

2009.11.09 19:18 | BIG IF | トラックバック(-) | コメント(-) |
Hello, Ryan Key の twitter から

ライアン、 Every Avenue というバンドのニューアルバムに収録されている 「 Girl Like That 」 という曲を共同で作ったということです!
Every Avenue の My space は こちら
チェックしナイト!


そして、先週のテキサス州での出来事について、会話をしています。

ライアンは以前から銃を持つことについて反対していますね、
以下はライアンの書き込みを訳してみました。

- 僕の完璧な世界では、僕達は全ての手に持てる銃を徴収して、半自動的な兵器を永久的に禁止することを課すんだ。


in my perfect world は理想的な世界、というニュアンスかなあ
もしかしたら、映画 『 パーフェクト ワールド 』 のニュアンスも入ってるのかも、とちらりと思いました。
違うかもだけどね!

『 パーフェクト ワールド 』 のラストシーンの結果ではなくて、何て表したら良いかな、作品の含んでいる意味というか。


テキサス州でのことをニュースで見たり新聞で読むと、やりきれなくなるよね、、

『 ブラックホーク ダウン 』 を何故か思い出しました。
ブラックホークが、やむを得ず不時着した後の、街の人達の様子、特に子供達と、そしてパイロット ・・

世界はきっといつからか歯車が狂ってしまったのでしょう
11月 3日は文化の日でしたが、、
やっぱり憲法第九条を改訂なんてしちゃいけないわ、絶対に。
だけどこの議論に、私は興味ない、もう意見は決まっているから。
改訂が必要なんて言う人達の意見を聞きたくないし、少しも理解したくない。
あさはかだと思う、もっというとクレイジーだとも思う。

守る術を武力にしか考えられないことは幼稚だよね。
攻撃を回避する方向へと導くことに、何処までも尽力するべきなんだわ。
勝海舟のように!
相手や時代が違うなんて反論は、言い訳だよね。


・・ とライアンにひっぱられて書いてしまいましたが、ライアンのせいにしちゃってごめんね

ええと、つまり
ライアンをとても尊敬しています。

2009.11.08 00:00 | BIG IF | トラックバック(-) | コメント(-) |
Hello, Sean が Big If の My space に blog を up してくれました

Thanks, Sean

Weezer のフロントマン、リバース ・ クモオ作成の PV に
Big If の二人も参加してるよ という内容です

Sean は自分もカウボーイ姿をしていて、そして緊張していて歌をはずしてしまった、ということです
カウボーイの服装の風変わりなアイディアは何でなのかわからないそう
昨年の十二月にこの PV を撮って
Weezer の新しいアルバムが発売されることで思い出したということです


今年の一月に私が書いた記事は こちら
この PV を初めて見た時を思い出した
久しぶりに見ることができた、ギターを弾く Ryan Key の姿が、
本当にとても嬉しかったんだ


Have a nice weekend

2009.11.07 00:00 | BIG IF | トラックバック(-) | コメント(-) |
『 私の中のあなた 』 ひたすら哀しくて、可哀想でした。
観てよかったのか、観なければよかったのか、
もしくは何故観てしまったんだろう、と思ってます。
哀しくて頭痛くなってきて、そして色々考えてよく眠れなかった。
キャストはみんな、素晴らしかったです


『 海を飛ぶ夢 』 をすでに観ていたことに、理由は全然わからないけれど
何となく私自身が助けられる思いがしました。


作品を受けた結果として、心に響いて泣いてしまう、それが本来だと思うのです。
泣きたいから観たい、感動したいから観たいっていうのは、その理由はどうして? と思ってしまうんだ。

『 私の中のあなた 』 はもしかしたら、感動して大好きになって、良い作品、何回でも観たい、と思われることが作品として幸せなのかもしれません。

ただ 『 海を飛ぶ夢 』 を観ていて、考え過ぎてしまう人は観ないほうが良いかも、、

より過酷です。


『 私の中のあなた 』 では、ジェシーの存在が救いでした。
( ジェシー役はエヴァン ・ エリングソンくん Evan Ellingson
エヴァンくんの IMDb のページは こちら )
何でだろうって考えてて、わかったことは
ジェシーに私は似てるところがあるんだっていうこと
似てる人に安心感を覚えるのは何故なんだろう


それから明るい話題を!
テイラー役のトーマス ・ デッカーくん Thomas Dekker は 『 ターミネーター : サラ ・ コナー クロニクルズ 』 で主役のジョン ・ コナーを演じているそうです!
IMDb は こちら

2009.11.07 00:00 | 映画 | トラックバック(-) | コメント(-) |
シュークリーム
何ておいしいんだ

20091103214153


今日は寒くて、空気が澄んでる
夜空に輝く月の光が眩しいほどです。



ロンさん >>

いつも本当に本当に、どうもありがとうございます( 感動 )
毎回、すごく楽しく読ませてもらってます
ロンさんの文章、とってもナイスです

ありがとうございます!!!

まあ 初雪!!
びっくりしちゃいますよね!!
はいっ 朝起きるのがっ
あともうちょっとっ と思っちゃいます

中華まん必需品ですよね(≧▼≦)

ロンさん、もし可能でしたら、学校の帰り道とかに中華まんとかおでんとか! 食べちゃってくださいね
青春だなあ

冬、私も実は苦手な季節ですっ 冬生まれなのにっ そしてライアンが好きな季節だというのにっ

Big If のアルバムの発売、もう一息かなあ?
はい ・・!! めちゃ応援していきましょうね

2009.11.03 21:59 | 日記 | トラックバック(-) | コメント(-) |
『 in her SHOES 』 イン ハー シューズ

何年か前に何故か映画館で観て ( 何故か観たかった )
昨日もう一度観てみたら、やっぱりマギーが私は好きだと感じました。
ローズももちろん好きだけど、マギーに感情移入しちゃう

マギーが詩を読む全てのシーンに、涙してしまいます。

ああ、マギーと教授がもっと早く
もっともっと早くに出会えていたなら
いいや、マギーと教授は 「 その時 」 に出会うべくして出会ったのでしょう


本当のマギーを見つけてくれた教授との出会いこそ、運命と呼ぶのだと素直に思う
マギーは生涯、教授を忘れないと感じます。


ローズを見送る、マギーの姿が心に鮮やかに残る、ラストシーン。


見送られる側と見送る側


監督のカーティス ・ ハンソンが伝えたいことは何だろう、と考えています
というのは同監督作品 『 LA コンフィデンシャル 』 ( My favourite movie! ) のラストシーンが全く同じシチュエーションなので
監督に特別な思い入れがあるんじゃないかなあ、と。
どちらの作品も私は見送る人物の方に共感している、という偶然が
見送る側の表情や佇まいがとても好きで
どちらも強く印象に残っています。

2009.11.03 21:00 | 映画 | トラックバック(-) | コメント(-) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。