雲の中で散歩

世界で一番の Live バンド Yellowcard の応援blogです! This is the Yellowcard fan blog. We love Yellowcard !!!!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

Hello ,
アルバム 「 YELLOWCARD
全曲が大好きです

Ryan Key の描く歌詞は ( もはや謂わずもがな、ですね) 今回も素晴らしいです

心地よくて、パーフェクトな演奏、溶け込むストリングスに心を揺さぶられて
そして、 ライアンの色鮮やかな、豊かで伸びやかな歌声
ひたすら、ひたすら感謝です

色鮮やかな歌声、という表現は、こういうことをいうんだなあ、と客観的に思いました

今更ですが改めて
ライアンの歌声が本当に、本当に
ほんとに素晴らしいです!!!!!

2 What Appears は聴いていると、自律神経のバランスが取れる感覚になります
すごく安心するメロディー
ライアンの声が少し加工されているみたいですが、ボーナストラックのアコースティックで
sweet な生の歌声を堪能できます

4 A Place We Set Afire も大好きだあ
What Appears と同じく、やっぱり安心します

6 Hurt Is Gone から 7 Empty Street の流れが、恐ろしく素敵ですね

Hurt Is Gone のライアンの声が、可愛すぎるんですが !!!!!
どうしてあんなに可愛いのぉぉおあぁぁ可愛いかっこいい ‼!!!

Empty Street もうもう、大好き過ぎる曲のうちの一曲になりました

Hurt Is Gone とは対極に、ライアンの歌声に抜群の包容力があって
頼りがいがあって、あれ私、歌声の話をしてたんだよな
って、とにもかくにも、めちゃくちゃかっこいいです
この曲の何もかもが大好きだあ

Running my whole life ~ Will you let me
written by Ryan Key and Sean O'Donnell

のメロディーや歌い方が、特に大好きで、いつでも頭の中で再生できるよう、叩き込みました
曲の冒頭、聴く度に号泣したくなって、涙なしでは聴くことができない一曲です

Sean O との作詞も嬉しい

Feald & Fences
歌詞がせつない
この曲を聴いて、後味のすごく良い映画を見た感覚になりますね

Sean M のストリングス作曲とアレンジ
Ryan M の演奏、写真
もちろん、 Josh の演奏

全てが素敵で、 Team Yellowcard に感謝 × ∞
大好き × ∞ です
ありがとう
ありがとう、

Team Yellowcard は、まだまだツアーの真っ最中
現メンバーの Yellowcard ( もしかして Sean O も ) は再結成あるだろうなあって、予感がしています

Yellowcard FOREVER !!!!!!!!

Take care,
Wishing you have a warm Xmas season...
Thanks,
花火



スポンサーサイト
2016.11.27 00:07 | Yellowcard Works | トラックバック(-) | コメント(-) |

Hello, I 'm fine, 花火です

Yellowcard の 「 YELLOWCARD 」 が家に届きました
感無量です
もう何て言葉にしたら良いか …

YellowcardHanabi

解散なんて、全然、心配していなくて、考えもしていませんでした
だから今でも
何で ( 泣 ) × ∞

今年の六月 、メモしておきたかった tweet です


Sean O ' s twitter
Proud to have been a part of the Yellowcard family.
Sad that it's over, but I can't wait to hear the new jams. 🔥
- 6月 24日 2016年


Ryan M ' s twitter
Sean O へ返信 >> love you dude

Sean O
Ryan M へ返信 >> love you too bud. For what it's worth, R.I.P. sounds MASSIVE in my rental Ford Excursion.

Ryan M
Sean O へ >> that's a great thing to hear!
- 2016年 6月 25日

Neal Avron ' s twitter
I've had the pleasure of making 7 albums with Yellowcard.
I will always hold dear the countless memories, laughs, triumphs & heartaches.


Thank you Yellowcard for allowing me to go on an amazing musical journey with you !!!
- 2016年 6月 24日


and ...

◎ 2016年 8月 14日付け Sean M の instagram です
for good


◎ Ryan Key が 「 YELLOWCRD 」 について話してくれている interview
一分少々ですが
Ryan の海軍ヘアー ( 髪型 ) に何で?!と思うんですが、 Ryan ならどんな髪型でも良いです

Ryan Key は私の中で生涯、世界で一番の Singer song writer です


◎ Ryan Key と Sean M が Against The Current のメンバーと Taylor Swift の Love Story をカバーしました
Love Story cover

この曲、大、大好きなので、ライアンが歌ってくれて本当に嬉しかった
曲の締めに耳に届く、ショーンのヴァイオリンが胸に沁みます
クリスシーちゃんもかわいい! テイラーはアルバム Red までがとてもファンでした、た、、
テイラーの歌声はカントリーこそ活きるんだと思うんだけどなあ

話がそれました

これからの人生の色々な場面において Yellowcard ほど欲する、必要とする音楽はないでしょう

今はずっと、私の人生を変えたアルバム 「 Lights And Sounds 」 を聴いています
「 YELLOWCARD 」 を早く聴きたいんだけど、まだ聴かないでいようかな …

Team Yellowcard 、そしてメンバー 四人
Ryan K 、 Sean M 、 Ryan M 、 Josh !! 友情は永遠だと信じています

読んでくださってありがとうございました!

My only hope My Telescope - written by Ryan Key

Wishing you have a sweet fall ...
Love,


2016.09.30 22:51 | Yellowcard Works | トラックバック(-) | コメント(-) |

Lift A SailLift A Sail
(2014/10/08)
YELLOWCARD

商品詳細を見る


Yellowcard New album Lift A Sail 10月 8日発売


ある時、不意に思ったのですが
YELLOWCARD は清廉という言葉がぴったりときますね

彼らの作品を 別世界に連れていってくれる と表した本国のレビューがあり
まさに、と感じました
今回のアルバムも私達を、別世界へと誘ってくれるでしょう

and


Sean O ' Donnell のソロアルバムが発売 されています !!!!!!!!
Spirit Junkie  You Tube


Team Yellowcard からの ショーンへの応援に、胸を打たれます
まずメンデス君から

◎ Ryan Mendez ' s twitter  8月 19日
The new SeanTODonnell solo music is freaking awesome

Sean O twitter の返信

RyanMendez >>  I'm blushing. You the best.


9月14日
Ryan Mendez - said
If you haven't already, go to http://seanodonnell.bandcamp.com
and check out SeanTODonnell's solo album. It is awesome and he deserves your support!



Josh ' s twitter  9月13日
Hey! SeanTODonnell just decided to release his amazing new solo album early,
so go grab it NOW! It rules! http://seanodonnell.bandcamp.com



Ryan Key 's twitter  9月10日
Listening to my long time bestest bud SeanTODonnell's new solo record #spiritjunkie.
Man it's rad. Get it here. http://seanodonnell.bandcamp.com



Sean M 's twitter  9月9日
“ SeanTODonnell: And for track listing, pre order, and all things me,
go to http://www.seanodonnell.us #america ” do it do it. i did it.


Sean O ' Donnell の返信
Sean Mackin へ >>  bless you, new dad.


ショーンは YC 各々にもちろんお返事をしています
はい! Mackin 夫妻に今年の 9月 5日 元気な女の子さんが誕生しましたね

おめでとうございます !!!!!!!!
Team Sean 本当、とても良い Dad です

この時の Team YC の tweet も素敵で ... ほんわかとしました

それから、どうしてもメモしておきたかった tweet があります
今年の Warped Tour でのこと 7月 7日

あるファンの方の tweet で、原文をそのまま書いてしまうのはまずいので和訳を


Sean O ' Donnell が今日の Warped Tour に来ていて
彼は Yellowcard の曲を確かに一緒に歌っていたの
それはとても美しい光景だったわ



Yellowcard twitter も Retweet してくれていたので
お読みになった方も多いかと思います
原文に definitely ( 明確に、確かに、はっきりと ) を使ってくれていて
そのことも嬉しかったなあ
ファンの方、ありがとう ... !!!

ほんとに、すごく美しい光景ですね ( 涙 )
ショーンがステージの YC に合わせて、一緒に歌っている姿を
はっきりと想像することができます

Ryan Key の相変わらずとっても素敵な写真を 9月 15日  9月 18日  

挨拶がおそくなりました、花火です
元気です
更新停止をした時に頂いたメッセージを、今も大切に読ませて頂いています
改めて、本当に、ほんとに
本当に、ありがとうございました ( 涙 )

更新していない間、 YC にも色々なことがありましたね
LP が脱退してしまった時には Ryan Key の 「 前を向こう 」 というメッセージが強く記憶に残っています

「 Dear Bobbie 」 のミーモおばあさまとウィリアムおじいさまも、今年、昨年と、天国に旅立ちました。
「 Sing For Me 」 を捧げられた、ステファニーさんとお二人は再会されていることでしょう

いつかまた、新しい記事を書くかもしれません
ここまで読んで下さった、あなたさまに感謝を込めて ...
あなたさまと YELLOWCARD と Sean O ' Donnell 、 LP が幸運に包まれますよう!

Love,


2014.09.22 22:11 | Yellowcard Works | トラックバック(0) | コメント(-) |


絶望の淵では、南からの風は吹いてくれのだろうか..

南から風は吹いているけれど、感じられない..?

絶望の淵にいても、南風を感じることができたとして
その風がもたらしてくれるものは、何だろう?
何を届けてくれるんだろう..
それとも、何も届けてくれないのかな..


「 Southern Air 」 を聴いていたら、そんな風に思いました。

私は南からの風に焦がれています。
吹いているのに、感じられていないだけかもしれないけど。


アルバムタイトルと、先行シングルを聴いて、私は今回のアルバム自体が 「 南風 」 なのかな、と思っていたのですが
Yellowcard 、もしくは、アルバムの主人公も
「 南風 」 を探しているように感じました。
見当はずれかもしれないけど ^^*


HERE I AM ALIVE 」 までが明るくて
ええっ ライアン何か backstreet boys っぽい (≧▼≦)
( bsb から私は洋楽派になりまして.. )
とか、キャワキャワしてました

「 HIAA 」 良い曲ですねえ
Fall Out Boy は、かじったことしかないけどでも、
良い意味で FOB 、 Patrick っぽいなあ、と思います

Tay ちゃんの歌声も素敵
Cassadee ちゃんも、もちろん好きです!


Southern Air 」 はドラマチックな展開の曲が、多いと思いました

Sean M のヴァイオリンはもちろん、もちろん!
ギターソロ、かっこいい!!
バンドサウンドに、完璧に溶け込んでいる、お馴染み、ストリングスチームが素敵で、かっこいいです!!


前回のアルバム 「 When You ' re throuth thinking , Say Yes 」 もなんですが
日常、気が付かない振りをして閉じ込めている、感情の奥底を、引き出されてしまって苦しくなるというか..
それでも聴きたくなってしまう、矛盾している魅力に、やっぱり惹かれてしまいます。


そして、触れないようにしようかな、、と思っていたのですが..

TEN

辛くなってしまい、リピートしては聴けません..

物語なのか、過去の出来事なのか..


2011年 2月、 YC 来日公演時の日本の音楽雑誌のインタビューで、
Sean M が
Ryan Key の天才的なところは、
ライアンは自身の人生で経験したことや、普段、自分が考えていることを歌詞にするんだけど
それを聴いている人が、自然に、自分自身に重ね合わせることのできる歌詞を描くことができるんだよね

ということを答えてくれていて、そうだなあ、と感じたことを、よく覚えています。

「 TEN 」
について、私はずっと考えていたのですが、この曲は、考え過ぎない方が良い、
この曲をこの曲として、受け取った方が良いんだ、と感じています。

哀しい曲で、もちろん、 Ryan Key は感情を込めて歌い上げてくれているけれど
あまりにも切々と、切々と歌わない処が、逆に良いなあ、と思うのです。


ライアンの叔母さん、ステファニーさんへのメッセージとアルバムジャケット
大好きです

Thanks a lot,
take care ;)
Hope you have a relaxing weekend!!


p.s
ライアンの 「 nn 」 で発音のおわる単語の歌い方が好きすぎて
頭パァンとなりますっっ

SouthernAir.jpg

2012.08.18 15:39 | Yellowcard Works | トラックバック(-) | コメント(-) |

◎ 引き続き YellowcardJPN さんへ Sing For Me 企画を

◎ Yellowcard ' s twitter → 「 See Me Smiling 」 acoustic AOL Music blog

Ryan Key がたぶん 「 View From Heaven 」 を贈った、Scottさんへ
優しさとせつなさの溢れる映像です ・・・

ライアンのギターの弦を押さえる指先の内側 ( 指の腹 ) が傷付いていて、はっとしました。
そうか、、そうだよね ... どうして今まで考えもしなかったんだろう
ギターを弾く、作曲をするって、そういうことなんだなあ
軽くショックに似た衝撃を受けました ...

#singforme を twitter でトレンドに、という呼びかけの時に私は
Yellowcard は、音楽を通して伝えたいことがある、という気持ちが強いんだ、ということに初めて気が付きました
作曲をしたことも、まして楽器をも弾かない私には、そういう感覚がなかったんですね。

改めて考えてみたら、そうだよね、伝えたいことがある、それだから聴いてほしいっても感じる。
プロになる、プロを目指している方は、その志を胸に秘めているのだと思いました。

曲を作ることは自分自身へのセラピーになるし、音楽が、ただ純真に好きだから曲を描きたくなるし弾きたくなる。
そこまでは趣味の領域と重なる部分があるけど ( 私がそうなんです、物書きの分野だけど )

強く伝えたいことがある。

直接、歌詞に表れている曲は数曲だけれど、何とかして世界を良い方向にしていこうよって、 Yellowcard は伝えてくれていると思う

もちろん、聴き手が良い気分になってほしい。 音楽が大好きだから頑張ることができるんだ、てわかるし ・・・ 上手く言葉にできなくて ><
確か、クラシックの偉大な作曲家の一人、シベリウスは晩年、音楽は必ずしも聴き手と弾き手が対にならなくてよい、という言葉を残したと、シベリウスの特集番組を見て知り
そうかもしれない、と、私は自分自身でも気づかない内に、ずっとそれだけだと、思っていたようです。

シベリウスがその境地に辿り着いたのは晩年であるので、音楽を産み出すということは何たるか、を深く理解した、想像する以上に崇高な思想なのだと、感じます。

わー、私は何処に向かっているんだ >< ええっとつまりは、

やっぱり感じるのは、決して 「 計算 」 は存在しないということ。

「 計算 」 では絶対に人を動かすことはできない。 人を動かすことができるのは 「 無私の真心 」 でしかない。

これも何かで読んだ文章でして、理不尽な世の中だけれど、でも、私もそう信じたいのです。



◎ Sean M ' s twitter  →  sweet


Thanks,


2011.11.11 00:19 | Yellowcard Works | トラックバック(-) | コメント(-) |

◎ Yellowcard ' s twitter →  最新アルバム 「 When You're Through Thinking, Say Yes 」 のアコーステック盤が、本国発売決定

本国の Amazon


日本の Amazon も探してみたのですが、まだリストアップされていなかったので、購入はもう少し待ってみると良いかもですね
日本盤、発売されるかな?? 輸入盤は cd shop に並んで ・・・ くれるはず

アコーステック盤の発売、嬉しいですね

「 Hang You Up 」 では Hey Monday  の紅一点ヴォーカリスト、キャサディーちゃんがゲストヴォーカルしてくれてるということ

キャサディーちゃん、かわいい、かわいい !!!  Twitter
何年か前、 pop pank band がすごく注目された時のインタビューで
( Hey Monday というバンド名は公募で決まったけれど )
多くの人が月曜日は憂鬱だなあって思うよね、そんな月曜日に、 ( 元気に ) Hey! って言いたいな、という意味が込めてあるの、という言葉があり、すごく印象に残っています!



みなさん、本当にありがとうございます ;)

p.s
MTV のページに行ってみたのですが Sing For Me のニュースは見つからなかったあ><


2011.10.24 22:22 | Yellowcard Works | トラックバック(-) | コメント(-) |

ザ・ベスト!ザ・ベスト!
(2011/05/25)
イエローカード

商品詳細を見る


Yellowcard のメジャーデビューからこれまでの八年間の軌跡を辿ったシングルコレクション and more!

プレゼントに最適かな、と感じます Yellowcard を広めよう

今日 BARKS のお知らせメールを受け取り EMI Japan をチェックしたらちゃんと更新されていました =)
今年二月の日本公演のセットリストを再現してくれたということです ( じーん )

欲を言えば Dear Bobbie も収録してくれたら更に嬉しかったなあ

Dear Bobbie は曲ももちろん素晴らしいけれど
ウィリアムお祖父ちゃんの声がほぼ永久的に残り、世界中の人達に聴いてもらうことができる
Ryan Key は曲よりもそのことの方が大事なんじゃないかなあ、と思うのです

「 Paper Walls 」 もすごく良いアルバムなので是非購入しましょう


YC guys は休暇が済み、 LA に集合ですね
リオデジャネイロとロンドン、パリでの公演が決定!

◎ Ryan Key ' s twitter → オーティスぅぅぅ Lovely

◎ メンデス君ご夫妻の愛猫 フィル君の twitter が


更新ができなくてスミマセン ><  それなのに拍手を押して頂きとても励みになります ( ジーンジーン )
本当に本当に、ありがとうございます !!!!!!!

sky.jpg

Hoping you have a nice week ;)
Thanks a lot,
Everything gonna be all right !!!!!!!!!

2011.05.30 21:13 | Yellowcard Works | トラックバック(-) | コメント(-) |

やあ いつもありがとうございます !!!!!
励まされています ;)

某コンピューター診断で HENTAI 度 500パーセントと診断された花火です =)
500パーセントって.....
いっそ潔くて良いんじゃないかな?!


◎ 「 CROSSBEAT 」 6月号 120 ~ 121 ページに
Sean M のインタビューが


「 When You're Through Thinking, Say Yes 」 を聴いて涙ボロボロ、感情がごちゃ混ぜになり
「 Lights And Sounds 」 に癒される
を繰り返しています


最近 「 With You Around 」 「 Hang You Up 」 をリピートリピートしていて
ひどい時は 「 HYU 」 を 二十分くらいひたすら聴いてしまいます

HYU ショーンのヴァイオリンに入る前の
Ryan Key のブレスがすごいエロいと感じるのは私だけ><
いや、、違ううぅ聴いた人みんなメロメロになります ・・・!

follow still lonely の後に、何か溜め息ついてる? ライアン?!
これわざと?わざと!けどわざとらしくなくて、決してやりすぎていなくて!
うっ 何かすごいもう、、悩ましいです ・・・!!
←← HENTAI!!


「 With You Around 」  all my life look for you ( written by Ryan Key )
は殺し文句ですね!!
是非、好きな人に言ってみましょう ( え


明日は中学からの大親友の結婚式に出席してきます
手作りのバルーンリリースをプレゼントするため
風船を膨らませてきました
写真を後日 up したいです

Hoping you have a beautiful Saturday ;)

2011.05.13 21:00 | Yellowcard Works | トラックバック(-) | コメント(-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。