雲の中で散歩

世界で一番の Live バンド Yellowcard の応援blogです! This is the Yellowcard fan blog. We love Yellowcard !!!!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

今日の深夜に 放送されていた映画 【 Lord of the Ring 王の帰還 】 を見ていたら、どうしても書きたくなって、この日記を書いています …!

スポンサーサイト
2012.09.29 20:54 | 映画 | トラックバック(-) | コメント(-) |

日向ネジ役 遠近孝一さん出演イベント 2014年 6月8日
in 池袋シネマ ・ ロサ
劇場版 NARUTO  ROAD TO NINJA 上映
( 池袋シネマチ祭 二日目 )

レポート其の       

記事の日付は 2012年ですが、 2014年に書いています
映画館 【 池袋シネマ ・ ロサ 】 で催された、映画 NARUTO のトークイベントに、行って参りました

始発で出掛けて、朝早く着いたのに、映画館の入り口に迷い ( 正面入り口の行き方を、其の五に )
席は、最後列の向かって左より、やや中央に。

ちびっこ達優先が良いのかな … と、わるいかなあ、と考えてしまっていたのですが、会場は
女の子率高く、大人の女性、高校生くらいの女の子が多く、安心しちゃいました。

2012.06.13 00:09 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(-) |

遠近孝一さん出演イベント 2014年 6月8日 in 池袋シネマ ・ ロサ

劇場版 NARUTO  ROAD TO NINJA 上映
( 池袋シネマチ祭 二日目 )

其の二


遠近さん
でもね、ネジが、あの ( 限定月読 ) の世界で興味がある人 … ヒナタとかに対して
それは本当の世界では興味がないってことの裏返しなんだよ


と、真剣に発言されたことが、とても印象深いです。
一瞬、会場が、しん、となったように、私は感じました。

この時、竹内さんが、すかさず
ううん。あの世界は ( ぴったり ) 真逆とうわけじゃなくて、違う角度から捉えた世界
角度の違った所から見ている、みんな、歪んでる性格になっているんだって


マイクを持ったまま固まる、遠近さん。
本当に驚いた様子に見えました。

数秒後、 遠近さん
「 … 撮り直すか … 」

と、答えてくれて、会場は笑いに包まれました。

イベント後、すぐに更新して下さった遠近さん、ご自身の blog すき語り での
「 解釈違いがあったようで 」
は、このことかな、と。    遠近さんの blog おつかれネジネジ~

あくまで遠近さんとしては、ネジとヒナタは異性の関係じゃなく見てほしいのかな
と私は客観的にも感じました。

ただ単純に 本当のネジは覗き、というかエロス! に興味がないんだよ
ということを、知ってほしかっただけかもしれないのですが。

すごく真剣な、遠近さんでした

2012.06.13 00:01 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(-) |

遠近孝一さん出演イベント 2014年 6月8日 in 池袋シネマ ・ ロサ

劇場版 NARUTO  ROAD TO NINJA 上映
( 池袋シネマチ祭 二日目 )
其の三

遠近さんの 「 大好きだよ 」 を脳内 bgm リピートさせてお送りしています、花火です!

質問コーナーから、言ってもらいたいセリフ コーナーへ

同じくランダムに選ばれ、声優さんお二人が、舞台から劇場内にわざわざ降りてくれます!
( 感涙 )

もしも当たったら私は、遠近さんに
「 運命なんて誰かが決めるものじゃない 」
を頼もう …   いや、でも恥ずかしいから当たらなくていい、いやっでも! と
頭ぐるぐるでした

途中からアンケート用紙関係なくなり、進んで挙手をして、言ってもらいたいセリフを言ってもらう展開に!

何と、最後列へ向かって、右側の通路を使い 遠近さんが、ぐんぐんと来てくれる、来てくれる …!!

騒めく会場! 私もう呼吸できない!
遠近さんに釘付け (≧▼≦)

恥ずかしすぎて、手を挙げられなかった ( 泣 )

2012.06.13 00:00 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(-) |

遠近孝一さん出演イベント 2014年 6月8日 in 池袋シネマ ・ ロサ

劇場版 NARUTO  ROAD TO NINJA 上映
( 池袋シネマチ祭 二日目 )

其の四


増川さんを加えて、アンケートでの 「 こんな私は変態でしょうか? 」 を、声優さん三人が
○× の札を挙げ、判断してくれるコーナーに。

◎ 「 ネジとの妄想がとまりません 」
セーフ!!

遠近さんが、真っ先に × を挙げてくれて
「 美しい世界でしょう!! 」

竹内さん、増川さん、司会者さんお二人との、面白い遣り取りがあったのですが
記憶が飛んでしまいました><

私も同じようなことを書いたんで、良かった セーフだあ

2012.06.13 00:00 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(-) |

「 忍び舞う者たち 」 の録画を見なければ!

遠近孝一さん出演イベント 2014年 6月8日 in 池袋シネマ ・ ロサ
劇場版 NARUTO  ROAD TO NINJA 上映
( 池袋シネマチ祭 二日目 )

レポート 其の五


◎ 池袋駅東口から、 池袋シネマ ・ ロサ を目指す場合、 ロマンス通りに入って見える
【 映画館 】 と掛かっている看板すぐの入り口は、 朝 10時からしか開かないので ( 親切なおじさんが教えてくれました )
建物を道路沿いに、ぐるっと回ると、チケット販売する、正面入り口があります。


それでは四の続きです

赤丸くんとポスターを手渡しするために、声優さん、みなさん、舞台から降りてきてくれます。

竹内さんが、司会のお姉さんから二つのアイテムを手渡され
舞台上の三人はどうしようか、となっていた様子だったのですが
増川さんが 「 じゃあ、みんなで握手をしに行きましょう 」 と言ってくれました

2012.06.13 00:00 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(-) |

『 HACHI 約束の犬 』

日本版の 『 ハチ公物語 』 を、私は小学校高学年か中学生くらいの時に tv で観て、以来、もう二度と観ない、と決めました。

ハチが可哀想で可哀想で、もう見ていられない。 あまりにも可哀想でした。
桜の花が舞う中、ハチが上野教授に抱きつくエンドロール、哀しすぎる。

実際のハチは、晩年、穏やかに暮らせたという事実が、本当、ありがたいです。

リメイク版も、観ない、観ない、と思っていたのですが、ワンコが大好きな友人の付き合いで映画館で観ました。

ハチがやっぱり可哀想で ... けど、リメイク版の、ハチは待っていたいんだね、という台詞に救われて
そして、コーヒー屋さんのジェフをはじめ、駅周辺の人達が温かくて、よかったなあ
駅を利用する人達が、 Hi, ハチ、とか、 またね、ハチ、と声を掛けてあげているのも、よかったなあ、と思いました。

待っていたい、、それでもやっぱり哀しいよ
どうしても、教授の家族がちょっとだけ冷たく思えてしまう。

ケンさん、という日本の方 ( ハーフかクウォーターなのか、設定は不明 ) が登場するのですが
ケンさんが、ハチに日本語で話しかけるシーンがとても良かったです。
字幕で観ていて、もちろん突然、日本語が聞こえてくるのですが
すごく優しい、静かでいて温かい話し方で、うるっときてしまいました。
日本語ってこんなに温かだったんだな、と感じたのは、私が日本人だからかな

リメイク版のクレジットに、実際のハチの紹介と写真がちゃんと紹介されていて、嬉しいです

そういえば渋谷駅に行った時、ハチ公前まで辿り着けなかったというエピソードがあります Σ( ̄□ ̄;)
ハチに会いたかった ... いつかきっと !!

2012.05.19 01:00 | 映画 | トラックバック(-) | コメント(-) |

映画 『 英国王のスピーチ 』 で、吃音と向き合い、闘っている人達の苦悩を知った日本人の方は多いと思います。

けれどその前に私は、アメリカ人アーティスト  スキャットマン ・ ジョン Scatman John 本名 John Paul Larkin さんの大ヒットシングル Scatman ( Ski-Ba-Bop-Ba-Dop-Bop )
を知っていてもらいたくて、紹介します。

You Tube
歌詞


ジョンさんは、苦しんでいる吃音を抱えている人達に希望を届けたくて、真摯に音楽活動に取り組んでいたのに

この曲が日本で大流行した当時、日本のメディアはそのことを全くと言っていい程、汲み取ることはなかった ... そのことを Wikipedia で初めて私は知って、愕然としました。
日本ってこんな国なんだ、と改めてショックだったし、憤りを感じて今、キーボードを叩いています。
Wikipedia にこれまでで一番、感謝しました。

歌詞はたくさんの方が訳してくれているので、色々探してみると良いかと思います
そして 2010年の 3月、原曲への一欠けらの敬意もないサンプリング曲? が発表されていたと知り、更に愕然としたことが憤りの、もう一つ理由です。
日本の方の曲は、私は一度も聴いた事がないのですが、調べていくうち、これは聴かない方が身のためだ、とわかってきました。
礼節や義理人情を重んじるとして世界各国の方々から賞賛されてきた日本人の姿勢は、もはや過去のものでしかないのでしょうかね ...
日本人として悔しいです。


さて、  『 英国王のスピーチ 』 
私の不動の No.1 favorite 俳優、ガイ ピアース Guy Pearce ( ドンと来い! マイナー! ) が出演していることもあり、映画館で観ました
先日 BS で、 ライオネルさんのドキュメンタリーが放送されていたので、、
映画は良かったです。
ただ、ガイの演じたエドワードは、史実では当時のイギリス国民にとても人気があり、愛された王だったということ。
活き活きとキラワレ役を演じているガイがブラヴォー!
『 Bed time story 』 でもすごく楽しそうにキラワレ役を演じています
そういえば Bed time story はガイのミュージカルシーンと真っ赤なフェラーリ、カラフルなキャンディーの雨で、観た甲斐があったなあ、と感じた映画でした

英国王のスピーチ コレクターズ・エディション [Blu-ray]英国王のスピーチ コレクターズ・エディション [Blu-ray]
(2011/09/02)
コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ 他

商品詳細を見る


2012.03.31 21:10 | 映画 | トラックバック(-) | コメント(-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。